まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
浅井知彦

素材を生かした自然派住宅のプロ

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
078-862-9386

コラム

【傾斜地、変形地、旗竿地、雛壇地、道路との高低差】旗竿地は安いのか?

建築士と土地探し

2016年12月30日

旗竿地については既に御存知の方は多いと思いますが、一応最初に、一般的にいわれているメリット、デメリットを書いておきます。


【メリット】

・坪単価で考えると相場より安い。

・道路から離れることで、静かな環境が得られる

・通路部分も建蔽率、容積率に算入出来るので、実質的な容積率が大きくとれる。


【デメリット】

・実際に家を建てられる部分が少ない。

・周囲が隣地に囲まれて圧迫感がある。

・自動車の進入が難しい。




この中でも、家を建てる上で特に注意して貰いたいのは、「自動車の進入が難しい」ことです。

これは自家用車の駐車場として使えないだけではなく、工事車両が進入出来なくなることにも繋がります。

工事車両が進入出来なければ、当然、施工工事の費用は高くなります。

「車を持っていないから旗竿地でも問題ない」と思われるかもしれませんが、折角土地を安く買っても建築費用が高くなれば、その価格メリットが無くなってしまうかもしれません。


ネット検索などで住宅用地を探していると、旗竿地というのは結構多くあるのが判ります。

売れ残っているからかもしれませんが、旗竿地は意外と目に付く機会が多いようです。


そして値段をみると、特別に安い値段で取引されている訳ではないようにも思います。

一般的には坪単価が安いとされる旗竿地ですが、お買い得かどうかという観点でいえば、「立地が気に入れば検討してみても良い」といったレベルになるのかもしれません。


旗竿地について、建築設計の観点から特に知っておいて欲しいことは「通路部分の幅員によって、資産価値や使い勝手は大きく変わること」でしょうか。

たとえば、通路幅によって、以下のような違いがあります。

◇通路幅が2m未満
 → 再建築不可物件。資産価値は大きく下がります。

◇通路幅2m
 → 車を駐めると人の出入りが難しい。
 → 実質、駐車場としては使えない。
 → 工事車両も入れない可能性が高い。工事費が高くなる。

◇通路幅2.5m
 → なんとか車から人が降りられる。工事もなんとか行えるかもしれない。
 → 車があると、荷物を持った人が通るのは困難。自転車もギリギリ。

◇通路幅3m
 → 車を駐めて人が下りられる。
 → 車を寄せて駐めれば、通行にも支障がない。
 → 駐車場と通路が両立可能。工事も、ほぼ問題ない。




上記のように、旗竿地の「竿」の部分、この通路幅がどれくらいのサイズなのかで使い勝手が全然違ってくるのです。

通路幅は、わずか数十センチの違いで、工事費は日常の使い勝手、資産価値など左右する重要な部分です。

物件をチェックする際は、ここの寸法に充分注意して下さい。


◆ 関連コラム / 目次 ◆

変形地、旗竿地、傾斜地、雛壇地、高低差のある土地は安い?買い得?

【はじめに】

変形地は安いのか?

傾斜地は安いのか?

道路との高低差のある雛壇地は安いのか?

   ◇ ◇ ◇


家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

浅井知彦

浅井知彦(あさいともひこ)

浅井知彦プロのその他のコンテンツ

Share

浅井知彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

担当浅井知彦(あさいともひこ)

地図・アクセス

浅井知彦プロのその他のコンテンツ