まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
藤木暢也

声帯治療と発声法アドバイスのプロ

藤木暢也(ふじきのぶや)

耳鼻咽喉科 藤木クリニック

お電話での
お問い合わせ
078-412-3387

コラム

魚の骨

のどの病気

2012年9月14日

さんまがおいしい季節になってきました。
そのせいか、最近、さんまの骨がのどに刺さった方が、ちらほら受診されています。

さて、魚の骨がのどに刺さったとき、どのようにしていますか?

ご飯のかたまりを丸呑みして、とれるかどうかやってみる・・・
よく聞かれる話です。

答えは ×
むしろ悪くなることさえある危険な行為です。

骨がとれるどころか、さらに深く刺さってしまい、取りにくくなったり、大きな骨の場合、食道に穴があいて、首や胸の奥に膿みが溜り、命にかかわることも起こり得ます。

魚の骨が刺さる場所は、扁桃腺や舌の付け根、食道の入り口近くなどさまざまですが、実際診察してみると、ご自身が感じる痛みの場所と異なることも多く、自己判断はできません。
特に食道の入り口に大きな骨がひっかかった場合は、化膿して大変なことになることもありますので、なるべく早く耳鼻咽喉科の診察を受けていただくことをお勧めします。
(食道の中まで飲み込んでしまった時は、胃カメラでとりだすこともあります。その場合は、内科・消化器内科になります。)

この記事を書いたプロ

藤木暢也

藤木暢也(ふじきのぶや)

藤木暢也プロのその他のコンテンツ

Share

藤木暢也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-412-3387

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤木暢也

耳鼻咽喉科 藤木クリニック

担当藤木暢也(ふじきのぶや)

地図・アクセス

藤木暢也プロのその他のコンテンツ