マイベストプロ岐阜
三輪晴美

心のこもったサポートで、地元で愛される仲人のプロ

三輪晴美(みわはるみ) / 仲人

株式会社岐阜結婚相談所

コラム

婚活30代の女性が秋のお見合いで意識する服装!

2022年9月21日

テーマ:お見合い , 服装 , 女性 , 30代

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

お見合いで相手の印象を良くするためには、服装も大切です。服装の選択によっては、結果を左右することもあります。
ですが、30代というのは意外と服装選びが大変なんです。
秋というと、ついつい着込んでしまったり、地味なカラーを選んでしまいます。
ここでは、30代女性が秋のお見合いで意識したい服装について紹介します。

・長めのトレンチコートで女性らしさアップ
秋のお見合いでは、アウター選びも大切です。
この時に意識したいのは、シルエットが女性らしく見えるものです。
たとえば、レストランやホテルでのお見合いだったら、立って挨拶する事もあるでしょう。
その時に、女性らしさをアピールしておくと好感触を得られます。

この時に、大きく役立つのが長めのトレンチコートです。 トレンチコートなら秋の風にも寒さを感じる事はありませんし、キッチリした印象も出せます。
30代の女性らしい落ち着いた雰囲気も出せますし、女性らしさもアップできます。
秋ならではのアウターで、第一印象を良くします。



・Vネックで首長美人
服装で大切にしたいのは、自分の顔やスタイルをよく見せるタイプを選ぶ事です。
お見合いでは、椅子に座って相手と会話をするため、特に上半身の服装は大切です。
ここで印象が悪ければ、お見合いそのものがダメになってしまう可能性があります。
Vネックだったら、首元がスッキリ見えますし、小顔効果もあります。
この時に気をつけたいのは、無地を選ぶ事です。
派手な柄やスパンコールなどがついていると、そちらばかりが気になってしまい、肝心な首や顔には注目が集まりません。
秋という季節柄、厚手のセーターを選択するという人もいるでしょう。
ですが、あまりにも厚手の場合はスタイルを崩してしまう可能性もあるため、生地の厚さにも気をつけましょう。

・スカートは膝丈を意識しよう
30代というと、日頃から様々なおしゃれも楽しむ年頃です。
お見合いの時には、女性らしさをアピールするためにもスカートスタイルが効果的です。
30代というと、まだまだ若さも強調したい。でも、落ち着いた大人の女性にも見られたいという微妙な年齢です。スカートの長さは、膝丈を意識するといいでしょう。
膝丈だと、上品さも強調しながら、足の美しさを見せる事も可能です。
あまりにも短いスカートだと、遊んでいるというイメージで見られてしまいます。
お見合いというのは、見た目でその人の人柄も判断されてしまいます。
30代の女性らしい、穏やかで秋らしいスカートを選択するだけで、男性からの印象は良くなります。

・カラー選びのコツ
お見合いでは、カラー選びも大切です。どんなにデザインが良くても、カラーで失敗することもあります。
30代の女性というのは、まだまだ若々しさをアピールしたい年齢です。でも、だからといってあまりにも元気なカラーだと落ち着きがない印象にもなってしまいます。
イエローやレッドといったビビットなカラーよりも、ワインレッドやダークグリーン、またブラウンなど落ち着いた大人のカラーを意識するといいでしょう。

・小物使いも大切
秋は、春や夏よりも小物の使い方が重要です。
秋にふさわしい小物というと、スカーフなど首周りを彩るアイテムも役立ちます。
この時には、服装とのバランスを考える事です。
たとえば、服装が柄物だったら小物はシンプルな物にすると、全体的にあっさりとした印象になりますし、服装が地味だったら小物で華やかさを演出するといいでしょう。

・靴の選択で印象は決まる
お見合いでは、靴選びも重要です。特に、季節が不安定なのでいきなり雨が降ってきたなんて事もあるのです。
30代の女性というと、服装のカラーと合わせた物を選ぶようにしましょう。
また、ヒールが高すぎるパンプスは避けた方がいいでしょう。
少し低めのパンプスの方が、足首に負担がなく過ごせます。

30代の女性がお見合いを成功させるのは、秋にふさわしいファッションを選ぶ事が必要ですね。

この記事を書いたプロ

三輪晴美

心のこもったサポートで、地元で愛される仲人のプロ

三輪晴美(株式会社岐阜結婚相談所)

Share

三輪晴美プロのコンテンツ