マイベストプロ岐阜
三輪晴美

心のこもったサポートで、地元で愛される仲人のプロ

三輪晴美(みわはるみ) / 仲人

株式会社岐阜結婚相談所

コラム

婚活にはお見合い写真が重要です!

2021年11月17日 公開 / 2021年11月24日更新

テーマ:お見合い 写真 女性

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

まず初めに、お見合いの写真を選んでいる女性へ理解して頂きたいことはあくまで真剣な出会いの場である事です。
一般的なオシャレな洋服を選べば大丈夫というわけではありません。
まずは、お見合いの写真におけるやってはいけない服装の例をあげたいとおもいます。

「やってはいけない例」
カジュアル系のファッション、当然カジュアルなファッションはお見合い写真に向きません。
これが別の場面やプライベートの場であれば全くもって問題ないですが、お見合いという場所では、お洒落なファッションよりも真面目さや清楚さを意識した方がいいです。
また、基本的にはデニムなどはカジュアルに見られがちですので履かない方がいいです。

※背景と同じ色の服装
お見合いの写真を撮る時、大抵の場合は白い背景で撮るはずです。その際白い服装を着ているとどうしても、見栄えが悪くなってしまいます。確かに白は清楚なイメージがあり、お見合いの場にふさわしく感じがちですが周りの壁等の色にも気を配りましょう。
また、どうしても白い服を使いたい時はカーディガンなどアウターを羽織るなどして工夫をしてください。

※肩などの露出
確かに、多少肌の露出があった方が合コンなどではモテるかもしれません。
しかし、お見合いの場となると品がないと捉えられかねません。
男性もこういったお見合いの場では色気やお洒落な格好よりも上品で清楚な服を着た女性の方が好ましいです。



※過度なアクセサリー
ワンポイント程度なら、アクセサリーもその人を印象づける有効的な武器となるでしょう。
ピアスやネックレスなどをいくつもつけてお見合い写真に写る女性を好ましく思うでしょうか?
あくまでも、1ヶ所に派手すぎないアクセサリーをつける程度に留めておきましょう。

※暗い色の服
暗い色の服を着ると、見てる人へ対して視覚的に不安や少し暗い印象を与えます。
暗い色の服はなるべく避けましょう。
ネガティブなイメージを抱かれてしまいかねません。
紺色や黒、グレーなどは着るにしても明るい色の服などと合わせて切るようにしましょう。

※お見合い写真に効果的な服装とは・・・
ここまではしてはいけない服装を紹介してきましたがでは一体全体どういった服装が好ましいのでしょうか。
おすすめの服の種類や色などについて紹介いたします。

※男性受けする女性の服装の種類
お見合い写真において女性へ1番おすすめする服はワンピースです。こちらは、清楚や上品さに加えて女性らしい柔らかくマイルドな魅力を十分に伝えてくれるアイテムだからです。
また、ワンピースを着る際は模様などがなく出来る限りシンプルな服装にするように心がけましょう。
次におすすめなのはスカートです。こちらは、デニムなどに比べてワンピースと同じく女性らしさをアピールできます。
また、デニムは少しカジュアルでかっこいいイメージをあたえがちですが、スカートは上品さとともに清楚なイメージをあたえることができます。
スカート着用の際はミニスカートなどの露出過多な格好は避けましょう。あくまでも、お見合い写真の為の服装ですので、ロングスカートのような女性らしさをアピールしつつも奥ゆかしい服を選ぶようにしましょう。

※おすすめの色
お見合い写真において、おすすめの色は明るく清潔感をあたえる色です。例えば、オレンジや水色、桃色などパステルカラーなどの相手に上品かつフレッシュさをあたえるような色が好ましいです。
どの服装かにもよりますが、もし色が重たいなと思ったらアクセサリーなどで少し色のバランスを整えることも一考してみてください。

※おすすめの靴
ヒールがあるパンプスがおすすめです。
色はベージュ等を選びましょう。
ヒールがあることによって、女性の足をより綺麗かつ長くみせてくれます。

※どのようなメイクが良いか・・・
お見合い写真において女性はどういったメイクをすれば良いのか、と言いますと濃すぎるメイクは避けましょう。
なぜなら、品がなくTPOに則してないからです。
ノーメイクならいいのかという方もいるかもしれませんがノーメイクではダメです。
ノーメイクの女性がお見合い写真に写っていたら少しだらしない印象を受けてしまいかねません。
お見合い写真においてメイクは必須と言っていいでしょう。
出来るだけ薄いナチュラルメイクを意識しましょう。
お見合い写真を撮る際の服装は清潔感があり女性らしさを感じられる上品な服を選んでいるはずです。そういった服装にそもそも濃いメイクは似合いません。
お見合い写真を撮る際、スタジオのような場所で撮影する場合はメイクさんが居ることも多いので必ずそういった方に相談しましょう。

※パンツで撮る場合
スカートは落ち着かない、パンツの方がいいという女性も多いかと思います。
そういう場合、お見合い写真を撮る際どのようなことに気をつければ良いのか説明します。
まず、初めにおすすめのパンツはスキニーのような足のラインがでるようなパンツにしましょう。その方が女性らしさがでて男性に好まれやすいです。
いくら女性らしさがでるからと言って少し過激なものや柄が入ってるものなどはお見合い写真におすすめできないです。ワイドパンツなど、少しゆったりしすぎた印象をあたえるものも控えたほうがいいでしょう。
また、色は黒やベージュ、グレーなどの色がおすすめです。
合わせる際はトップスは少し明るい色にしましょう。

※スーツを用いる場合の注意点
スーツは諸刃の剣です。スーツを用いると女性としての色気がないようにみられかねません。しかし、女性のお見合いに対する本気度は相手に伝わります。
また、スーツは写真写りという側面ではある程度きっちりまとまった印象を受けます。
服のセンスに不安な方でも手を出しやすい服装ではあります。
出来るだけスーツを写真用に選ぶ時は黒などのビジネススーツではなく、他の明るい色を選ぶようにしましょう。
また、スーツを着る際ワンポイントアクセサリーをアクセントとして加えることをおすすめします。ネックレスなどがおすすめです。

※適したお見合い写真用の女性の服装について。
まず、カジュアルな服や露出過多など過度に女性をアピールするようなお見合いという場に似つかわしくない服装は避けましょう。
必ず上品さや清楚さを意識した服装にし、所々に女性らしさを散りばめましょう。
また、服装は背景に同化しないような色に気を使い相手に暗い印象を与えるような服を可能な限り避けましょう。
アクセサリーなどは相手に飾りすぎで下品な印象を与えないように一、二個、シンプルな物を用いるようにしましょう。

この記事を書いたプロ

三輪晴美

心のこもったサポートで、地元で愛される仲人のプロ

三輪晴美(株式会社岐阜結婚相談所)

Share

三輪晴美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-240-9230

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三輪晴美

株式会社岐阜結婚相談所

担当三輪晴美(みわはるみ)

地図・アクセス

三輪晴美プロのコンテンツ