まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
川端伸二

完成後の暮らしやすさまで考えたリフォームのプロ

川端伸二(かわばたしんじ)

株式会社 ジェイ・テック

コラム

クロス・壁紙の種類

【内装】クロスの張替

2015年10月14日

これだけは知っておきたい壁紙の種類

壁紙は「クロス」とも呼ばれ、内装の壁面や天井面の仕上げに、合板や石膏ボードの上に張り付けるものです。壁紙ひとつで室内のイメージが一変しますので、こだわって選びたい内装材のひとつです。

しかし壁紙は、素材、色、柄、デザインのバリエーションが実に多彩で、各メーカーのカタログは分厚く、何を選べばいいのか迷ってしまいます。そこで、一般的な壁紙の種類をご紹介したいと思います。

代表的な壁紙の種類

もっとも普及している壁紙は「ビニールクロス」です。ポリ塩化ビニールを主原料に、表面にプリントや発泡、エンボス加工を施すことによって、多彩なデザイン、柄をつくることができ、最近は自然素材のような高級感を漂わせるものもあります。

布や紙に比べて低コストで、施工が容易なため工期が短くてすみ、工事費用を抑えることもできます。しかし、化学物質が添加されているため、過敏症、アレルギーの方は敬遠することがあります。

「紙クロス」は、コウゾやパルプを原料にして作られた紙に、プリントやエンボス加工を施したものです。紙の持つ特性として、通気性や調湿性、吸音性に優れているということがあげられます。
デザイン、柄も豊富で、独特の雰囲気を持つ輸入品が豊富にあります。
ビニールクロスに比べて高価で、施行に手間がかかりますが、自然素材の好きな方に好まれています。

「布クロス」は、レーヨン、綿、麻、絹などの布に紙を裏打ちして仕上げたものです。色、柄とも豊富で、自然の風合いが楽しめ、織物ならではの高級感があります。結婚式場などのフォーマルな場所で使用されることが多い壁紙です。
コストは高めですが、一般住宅では部分使いをしても雰囲気を楽しめます。しかし汚れが落としづらいというデメリットもありますので、使う場所を選びます。

ほかにもいろいろ多彩なクロス素材

このほか、木やコルクを薄くカットして、裏にアルミと紙を張り合わせて仕上げた「木質系壁紙」や、紙と珪藻土を混ぜた「珪藻土壁紙」、石や土、金属、ガラス繊維で作られた「無機質系壁紙」などがあります。

さらに抗菌、消臭など、さまざまな機能を備えたクロスもありますので、デザイン、色、柄、予算、メンテナンスなど、総合的に検討してイメージに合った壁紙を選んでください。

この記事を書いたプロ

川端伸二

川端伸二(かわばたしんじ)

川端伸二プロのその他のコンテンツ

Share

川端伸二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
092-410-7863

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川端伸二

株式会社 ジェイ・テック

担当川端伸二(かわばたしんじ)

地図・アクセス

川端伸二プロのその他のコンテンツ