マイベストプロ愛媛

コラム

「キズだらけの応接テーブルも直りますか・・・?」

2021年7月14日

テーマ:家具の修理事例

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 家具 選び方

「こんなにキズが付いてしまった応接テーブルも直りますか?」

西条市・O様からお問い合わせをいただきました。

修理作業前/塗装修理のためお預かりしました。

O様の応接セットのテーブルは、およそ30年くらいお使いで、主材料がナラ集成材(無垢材)ですので、もちろん塗装修理ができます。
応接テーブル①
永年の使用で、こんなキズが数多く入ってしまってました。
応接テーブル②

修理作業中①/天板の研磨作業

この応接テーブルは、脚が固定脚で取り外しができませんので、テーブルの状態のまま、天板研磨用のレベルサンダーの定盤に固定しました。
応接テーブル③
番手が#60→#100→#240の研磨紙を使い、古い塗装面を研磨しましたので、生地が出てツルツルの状態まで仕上がりました。
ナラ集成材ですので、明るい木と暗めの木が入り混じっています。
応接テーブル④

修理作業中②/下地着色作業

着色仕上げの塗装作業は、始めに下地着色をしていきます。
応接テーブル⑤
目的とする色合いと、研磨後の生地の色合い、家具の日焼け度合いを考えて、下地着色の色を決めていますが、この時が一番緊張します。
応接テーブル⑥

修理作業中③/ウレタン樹脂塗装

続いて、天板を塗装室へ移動させて、ウレタン樹脂塗装の工程へ移りました。
応接テーブル⑦
ウレタン樹脂塗装は、塗装する木材によって工程が異なりますが、ナラ集成材の場合は、サンディングシーラー×3回→適度な調色作業→ウレタンフラット×3回を基本としています。

もちろん、1回の吹き付け作業毎に、#400の研磨紙にて軽く研磨して、次の吹き付け作業をしています。

このうちの調色作業時は、永年使われて退色している色から新しい時の色を想像しての作業で、一番緊張するんです。
応接テーブル⑧

修理作業後/O様のテーブルが完成しました。

このような工程を経て、O様の応接テーブルの塗装修理が完成しました。
応接テーブル⑨
ナラ集成材の応接テーブルらしく、上品な色合いに仕上り私としても自信作になりました。

「これが私のテーブル!きれいにしていただきありがとうございました・・・。」と、O様からもうれしいお言葉もいただきました。
O様、ご依頼いただき、ありがとうございました。
応接テーブル⑩

この記事を書いたプロ

土岐泰弘

家具の修理とリノベーションのプロ

土岐泰弘(有限会社土岐家具店(屋号:TOKI家具館メンテナンス))

Share

関連するコラム

土岐泰弘プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0897-43-6371

 

「マイベストプロ愛媛を見た」とお電話ください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

土岐泰弘

有限会社土岐家具店(屋号:TOKI家具館メンテナンス)

担当土岐泰弘(ときやすひろ)

地図・アクセス

土岐泰弘のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2021-07-28
facebook
Facebook

土岐泰弘プロのコンテンツ