まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
家根谷政雄

中学校の校長を10年務め、教育の場でスキルを磨いたプロコーチ

家根谷政雄(やねやまさお)

ヤネヤコーチング

お電話での
お問い合わせ
090-3554-2806

家根谷政雄プロのご紹介

親子関係等の人間関係を良くし、笑顔で人生を歩むサポート(2/3)

カウンセリング風景

コーチングを通し、生徒、保護者、教職員の安心感と笑顔を作る

 文部科学省の調査によると、2014年度にメンタル疾患で休職した全国の公立学校の教員は5045人(全教員の0.55%)。この数字は一般企業の2.5倍ともいわれているそうです。特に中学校は全職員の0.65%と高い数値。復職後も、再び休職する教員が44%、退職が18%という深刻な問題に陥っています。

 家根谷さんの校長時代も、少なからず疲弊する教員を目の当たりにしてきました。校長の仕事は、会社でいえば社員のマネージメントを行なう管理職の立場。1人教員が休めば、授業が回らなくなります。全ての先生が学校に出て生徒と向き合い、授業をするのが大切。生徒や保護者に笑顔や安心感を与えられる方法を模索していた時にコーチングに出会いました。

 結果、校長としての在職中の10年間、休職歴のある教員を7名も抱える中で、1名の休職者も出さず、学校運営に従事できました。

 「相手に対して勝手にこちらが決めたレベルで、できているか否かの判断を下さないこと。誤りを指摘するのではなく、良さを認めることを心がけていました。コーチングを学び、自分にも問いかけを続け、自らを変え、与え続けることをモットーに、生徒・教職員・保護者の安心感と笑顔を作ることに取り組みました」

家根谷政雄プロのその他のコンテンツ

Share