マイベストプロ愛知
加藤武範

医療と介護の架け橋になる、リハビリと介護支援の専門家

加藤武範(かとうたけのり) / ケアマネジャー

合同会社福寿想

コラム

有料老人ホーム 家族の思い

2022年9月17日

テーマ:高齢者 介護 問題

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 社会福祉士ケアマネジャー認知症予防

住宅型有料老人ホームにお父様(要介護3)を預けている家族(娘)さんより、こんな相談を受けました。お父様のケアマネ(CM)は私が担当しています。

<娘さん>「今日、施設A(有料老人ホーム)に行ってきました。トイレのティシュペーパーの上の棚に大便が付いていました。椅子にも便らしきものが付いていて…そういうのはいちいち見てはくれないのですか?掃除をお願いしたら、きれいにしてくれるのでしょうか?」

 ⇒<CM>施設さんに確認しました。「便については、気が付いたら掃除はしています。
  トイレ誘導する事もありますので、もちろん気付いたら対応しています。」というお返事
  でした。うちの母親も、施設に入っていますが、夜間トイレが分からなくなって、洗面台
  で排泄する事もあるみたいです。尿も便も…
  自宅にいた時は、夜中にトイレを失敗してゴソゴソしている事があって、トイレを覗いて
  みるとトイレも本人も便まみれで…思い返せば、あの時、「もう母は施設に入れよう」と
  決意をしました…
  僕の場合は、施設にお願いすることになって、よっぽど気になる事は施設に伝えますが、
  ある程度割り切っています。

「高いお金を払って、施設にお願いしているのに…」という思いの家族と「気付いたら、サービスで掃除していますよ」という施設の考えにすれ違いが生じている結果です。このまま放っておいたら、お互いの信頼関係が崩れてしまいます。こうしたケースは、家族さんと施設、ケアマネも交えて腹を割って話し合った方が良いと思います。

この記事を書いたプロ

加藤武範

医療と介護の架け橋になる、リハビリと介護支援の専門家

加藤武範(合同会社福寿想)

Share

関連するコラム

加藤武範プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-400-2910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤武範

合同会社福寿想

担当加藤武範(かとうたけのり)

地図・アクセス

加藤武範プロのコンテンツ