マイベストプロ富山
木村哲治

美容医療のプロ

木村哲治(きむらてつじ) / 外科医

カメイクリニック富山院

お電話での
お問い合わせ
076-439-5193

コラム

レーザー治療の間隔には理由がある

2020年1月11日

テーマ:レーザー・光治療

コラムカテゴリ:医療・病院

ホクロや刺青のレーザー治療を例にとって説明しましょう。

メラニンや刺青の色素にレーザーが当たってもそれが急にパッと消えてなくなるわけではなくて、まず粉々に破壊つまり粉砕されます。ただ、粉砕されただけでまだそこに残ったままなので外見上色の変化は大してありません。

この粉砕されたものは身体にとってはいわばゴミのようなもので不用品です。人体にはマクロファージ(貪食細胞)と呼ばれる掃除係が存在しており、人体のどこかにゴミが出るとこのマクロファージが集まってきて掃除を始める仕組みになっています。そしてこの段階まで来て初めて色が薄くなり始めるわけです。つまり掃除がある程度進まないと色は薄くならないのです。その掃除がひと段落したな、というタイミングで次のレーザー治療を行ないます。こうしないといつまでたっても次のステップには進まないのです。

おわかりいただけましたか?
焦ってレーザー治療の間隔を狭めても残っている色が邪魔をしてそれよりも深い部分にはレーザーのエネルギーが及ばないのです。
全然意味なし。ということですね。

この記事を書いたプロ

木村哲治

美容医療のプロ

木村哲治(カメイクリニック富山院)

Share
関連するコラム

木村哲治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-439-5193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村哲治

カメイクリニック富山院

担当木村哲治(きむらてつじ)

地図・アクセス

木村哲治プロのコンテンツ