まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
高須佳美

色と香りのコーディネートのプロ

高須佳美(たかすよしみ)

色と香りの総合企画 オフィスアルモニ

高須佳美プロのご紹介

セルフイメージアップから、まちの景観デザインまで。色と香りで「心地いい」を提案。(1/3)

色と香りのコーディネートのプロ、高須佳美(たかすよしみ)さん

色づかいは、心づかい。自分のため、相手のために色を楽しむ。

 扉を開けた瞬間、心地よく包まれるアロマ。素敵な笑顔で迎えてくれたのは「オフィスアルモニ」の高須佳美さん。色と香りのスペシャリストです。

 企業の人材育成で話題の「カラーコンサルティング」。そもそも、色とは?「実は、第一印象の89%が視覚を占めます。外見、つまり色はそれだけ人の心理に及ぼす力が大きいのです。自分が好きな色と似合う色は違います。カラーコンサルティングでは、髪や肌、瞳の色、個性を分析し、心身の核となる色=パーソナルカラーを見つけます」と高須さん。

 「色づかいとは、心づかいだと思うんです。自分に似合う色の服やメイクカラーを取り入れることで、自分はもちろん、相手にも心地よく感じてもらう。魅力がアップすれば自然と自信がつき、コミュニケーション能力も上がる。お客様は営業や受付、接客業の方から、芸能人、主婦の方まで様々。色を用いて『清潔感』『パワフル』『上品』などのセルフイメージを演出できます。あなたらしさや魅力アップのツールに、ぜひ色を活用してほしいですね」

 色彩のアドバイザーとして、公共施設や景観デザインにも携わる高須さん。「橋や電車、公園のベンチの色。何気なく眺めている町並みや景色にも、色彩心理が活用されています。例えば、老人ホームの手すりや階段は安全を確保するためビビッドな色が多く、心を落ち着かせる寝室にはブルー系を使うなど。今は“騒色”の時代。自分や街をどう心地よく演出するか、その要が色なんです」

高須佳美プロのその他のコンテンツ

Share