まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
高須佳美

色と香りのコーディネートのプロ

高須佳美(たかすよしみ)

色と香りの総合企画 オフィスアルモニ

高須佳美プロのご紹介

セルフイメージアップから、まちの景観デザインまで。色と香りで「心地いい」を提案。(2/3)

高須佳美さんは、アロマコーディネーターとして、香りのプロデュースを多数手がけてきた

自分を演出したり、気持ちを優しくしたり。ひとを幸せにする香りがある。

 高須さんのもうひとつの顔が、アロマコーディネーター。香りの本場フランスで研さんを積んだ高須さんは、国内の有名香水や化粧品、富山県のチューリップを生かした香水、高岡市の「万葉の香り」など、香りのプロデュースを多数手がけてきました。自らが立ち上げたブランド「アルモニ・フレグランスシリーズ」も、国内外で人気を集めています。

 

高須さんが作る香りは、身近な暮らしにも使われています。病院の待合室には緊張をほぐしリラックスする森林浴の香り、美容院やエステサロンには癒しの香り、老人ホームでは認知症の方の寝付きが良くなる香りをアレンジしました。「香りで少しでも心地よさや機能性がアップしたり、穏やかな気持ちを感じて頂ければ嬉しいですね」



 東日本大震災の被災地では自社の香り「翠喜すいき」が環境アロマとして多くの人のストレスケアに貢献しました。「美しい富山の香りシリーズ」では五箇山和紙を活用した「香りのちり華」が実用新案、商標登録認可となりました。また、上市町健康文化振興財団のアルプスの湯セラピールームに香りのリラクゼーション空間をプロデュースするなど地域活性化にも寄与しています。

 色と香りでトータルに気持ちを癒やす「ハーモニーセラピー」を国内で初めて確立。これは、気分が優れない時に色や香りを使って心身のバランスを整え、人が本来持つ自然治癒力を高めていくもの。「心のままに絵を描き、香りを楽しむことで自閉症のお子さんの症状が良くなったり、マタニティーブルーの方がアロマソープで気持ちがポジティブになったり。潜在意識に働きかけてバランスを整え、幸せな気持ちにする。色と香りにはとても大きな可能性を感じますね」

高須佳美プロのその他のコンテンツ

Share