まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
石崎弥佳

フラワーアレンジメントのプロ

石崎弥佳(いしさきみか)

花まつフラワーアカデミー(万華苑)

コラム

小学生向け講座 フラワーレッスン3日目 「北日本新聞 夏休み森のきょうしつ」

フラワースクール

2016年8月10日



北日本新聞社と共同での小学生向け特別講座。
「北日本新聞 夏休み森の教室」にて
ワクワク花レッスンの3日目が
昨日開催されました。

今回のレッスンは
「カラーサンドを使ってミニ観葉を
ポップで可愛いインテリアに」





主任指導員は本房万理先生が担当しました。
私はアシスタントとカメラマンの任務を遂行。

いろんな色のカラーサンドを目の前にすると
大人の私でもワクワクしてきました。
好きなのをどうぞ、と言われたら、
どの色を使おうかなあ〜っと。

根腐れ防止の石が器の底に
すでに入れてあって
そこにまずはちょっと多めに
好みの1色のカラーサンドを入れて。



一人は2個づつ作るのです。
まず2色を選ぶのも、みんなは迷う迷う…。
生徒さん方は
ピンクやブルーの華やかな色を
まずは選ぶのかなあと見ていると
ホワイトやブラウンのシブい色を
選ぶ生徒さんも、
それぞれですねえ。

この透明な器は
口が狭いのでして
小さなスプーンで丁寧に入れないと。

万理先生からは
何種類かの色をコップに入れて
混ぜたカラーサンドも作ってみても
いいですよ。と、
早速、みんなは嬉しくやってみる。
ザラザラと混ぜる混ぜる…。
綺麗になった。楽しい感じ。

ゆっくりといろんな色の層を
重ねていって
ミニ観葉を真ん中に埋めながら
「ピカピカの目!」で
次々に作業が進んでいったのでした。

とっても気に入った作品に
仕上がっていったのでした。
仕上がってしまったら、逆にさみしい…。
まだやりたーい!
そんな声も聞こえてきたような。

モールなどで
回りに飾るアクセントも制作して
水の挿し方
飾る場所などの
お世話の方法も勉強していただきました。



自分の作品が一番上手と思うけど
他のみんなが作った作品も鑑賞してもらってと、
どの作品もすごい集中力で
気持ちよく作ってくれた作品です。
これを飾ることで
お部屋がぐっと華やかになりますね〜。

みんなの作品を並べてみると、
やっぱり自分のが、一番可愛いと
彼女たちは思ったに違いないのでした…。

みんなとっても上手にできました。
家に持ち帰って、
上手に育ててくださいね。

万理先生からは
「植物は周りの空気を綺麗にする作用があります。
タバコを吸うお父さんがいる人は
お父さんの横に置いてください。」と。
みんなは、クスクスと笑っていました。

とっても素敵な時間でございました。
みんなは
自分の作った作品を
とっても大事そうに、
くずさないように、そおーっと、
持って帰って行かれたのでした。

スクール 関連WEBサイト


花まつフラワーアカデミー ホームページ

花まつフラワーアカデミー Facebookページ

この記事を書いたプロ

石崎弥佳

石崎弥佳(いしさきみか)

石崎弥佳プロのその他のコンテンツ

Share