まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
関博文

不動産の幅広いニーズに応える不動産総合管理業者

関博文(せきはくぶん)

株式会社東拓企画

お電話での
お問い合わせ
03-3503-1427

コラム

3.11後の某ビル外壁調査点検報告

ビル管理

2012年12月13日

みなさん、こんにちは。
あっという間に今年も終わろうとしています。
先日まで暑くて汗を流していたような気がしますが、早いですね。

 さて今年は、首都圏及び周辺部における各種相談、調査、点検依頼の中で、3.11震災後でしたので耐震性などについて、専門的な見地からの調査依頼が多くありました。
 今回はその中でオーナーさん了解の元、某ビルの外壁タイル部調査について報告します。

 当ビルは「特殊建築物等定期調査報告」に基づく調査でした。形態は、4スパン×4スパンの正方形を主体とするSRC造高層部と片面にRC造低層部が付属するものです。

 調査は目視にてクラック発生が確認された為、ゴンドラ利用によりタイル全数の打診調査にて行われました。結果、低層部のみ各種クラックが確認され、高層部については問題ありませんでした。また、浮き状の部分も見当たりませんでした。

 このような結果となった要因は、高層部外壁は打込みタイルのプレキャストパネルを採用していて、取付部に柔軟性があった事、対して低層部は現場貼り工法であったことの違いによるものと考えられます。
 
 今後クラック部については雨水の侵入などにより劣化が進行しますので、オーナーには各種目地シールの打替えも含めて、外壁全体の修理計画をすすめていただく事となりました。

 某ビルでは、建設時に将来の事を考えて利用したタイルその他材料が一定数保管されており、他所で時々見られる外壁タイルの色違いの心配が不要でした。一般的には材料保管の例は少ないものと思われます。当ビルのデベロッパーが設計事務所を母体とする会社であった事が、材料保管につながりました。


 株式会社東拓企画
http://www.totakukikaku.jp

この記事を書いたプロ

関博文

関博文(せきはくぶん)

関博文プロのその他のコンテンツ

Share

関博文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3503-1427

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

関博文

株式会社東拓企画

担当関博文(せきはくぶん)

地図・アクセス

関博文のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2017-04-20
facebook
Facebook
google-plus
Google+

関博文のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2017-04-20
facebook
Facebook
google-plus
Google+

関博文プロのその他のコンテンツ