マイベストプロ東京
  1. 「米CLOUD法」と「カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)」 -米国で事業展開する日本企業に必要な個人情報保護対応ー
小野智博

企業の米国進出を販路開拓からワンストップで支援する弁護士

小野智博(おのともひろ) / 弁護士

弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所

セミナー・イベント情報

「米CLOUD法」と「カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)」 -米国で事業展開する日本企業に必要な個人情報保護対応ー

 アメリカで2018年3月、「The Clarifying Lawful Overseas Use of Data Act(CLOUD法)」が成立しました。同法により、これからアメリカ政府は、企業に対し令状なしでデータを要求することが可能となります。また、カリフォルニア州ではデータプライバシー法(CCPA)をさらに強化するSB561とAB 1130の2つの法案が提出されました。前者はCCPAの改正に関わるものであり、後者は「個人情報」の定義を拡張するものです。
 本講演では、米国進出の日本企業へのリーガルサービスで豊富な経験を持つ講師が、まず、それぞれの法案の内容について紹介し、次に、米国で事業展開する上で、個人情報保護の対応に関する点など、日本企業が上記2法への対応において気を付けるべきポイントについて解説します。

2019年11月22日(金) 9:30~11:30
金融ファクシミリ新聞社
セミナールーム
東京都中央区日本橋小網町9-9
小網町安田ビル2階
電話 03-3639-8858

講演項目
第1 CLOUD法について
 1 はじめに
 2 CLOUD法の内容
 3 法律成立の過程および各界の反応
 4 関連する事案
 5 海外進出・海外展開への影響
第2 CCPAについて
 1 はじめに
 2 SB 561:カリフォルニア州消費者プライバシー法の改正
 3 AB 1130:「個人情報」の定義を拡張
 4 海外進出・海外展開への影響
第3  具体的な事例について
 1 米国プライバシー法制の適用の有無
 2 米国プライバシー法制の適用の範囲
 3 日本企業としての必要な準備

詳細とお申込みはこちら
https://www.fngseminar.jp/seminar/index.php?p=detail&num=4081&fbclid=IwAR2sxCRLmDaI1CWvf5OvXJcJmfPrwuHluuR76LB25zexfhpz7-uTncuUaRE

Share
その他のセミナー・イベント情報

小野智博プロのコンテンツ