まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
井川治久

受験を制する英語で難関大学合格へ導く英語講師

井川治久(いかわはるひさ)

井川塾・受験英語学院

お電話での
お問い合わせ
03-3956-5010

コラム

初めての模試では、全然解けないのも、仕方ない。勝負は、これから!

2018年5月6日(サンデー・イーブニング): ナマ授業日誌(16時30分~22時55分):

生徒が、本年度初めての「模試」を、受けて来た!

本日は、生徒が河合塾での模試を受けて来たため、時間をずらして、16時30分から演習授業をスタート!
http://mbp-tokyo.com/ikawa/detail/

覚えている事が少ないと、模試で苦戦するが、これは仕方ない!

昨年度は別の塾に通っていたとのことですが、「偏差値が35」であるとのことで、・・・・・・◆今回の模試は、できるだけやってくればよい! と言っておいたのですが、やはり、▲「覚えている事(=英語の知識)が少ない」ので、すべての長文にまで手が回らず、苦戦したようです。・・・・・・◆まだ、4月の1か月しか授業が進んでいないので、仕方が無いでしょう!

★これから、単語・熟語、文法の知識を増やしながら、長文を読む練習を、積み重ねていく!  これしか方法はありません! 応援しますので、ガンバリましょう!

日頃から、自分が必要な情報を、書き込む習慣を!

せっかく「模試」を受けてきたので、[大問2] のページ(文法・熟語・単語などの問題)を見せてもらいましたが、
まず、気づいたのは、
▲「書き込み(メモ)」が、全く無かった
こと。
これは、あまり、いい事では、ありません。
一般に、
●デキル人ほど、書き込みが多い
ものです。

英文を読みながら、手を動かして、パッパッと書き込む!

これは、
▲時間をかけて書き込め・・・ということではありません。・・・・・・(✖)
●英文を読みながら、必要な箇所に、パッパッと、書き込みを入れる。 ・・・・・・(◯)
ということです。

「品詞」と「文型」を、解けない時は、書き込んでみる!

実際に、(2)の問題を、生徒と一緒にやって、
★「書き込み方」をやって見せました!   ・・・・・・「授業ノート」を参照のこと!

◆ Cats (     )  themselves and their surroundings clean .

この問題でも、「書き込み」を入れることで、正解にたどりつけたかもしれませんね!
生徒が、この問題が、ワカラナイというので、時間をかけて、説明しました。

◆ themselves は、何詞か? SVOC のうち、どれになっているか? ・・・・・・★「品詞」と「文型」
◆ and の働きは?  ・・・・・・★「接続詞の働き」
◆ their の働きは?
◆ surroundings の意味は?  ・・・・・・▲単語集625 をやりました! ◆ surround ~ も。

・・・・・・実は、この問題だけは、 surroundings の意味がわからなくても、解けるようになっていました。

「動詞の使い方の基礎(5文型)」の知識を、学び直し!

この問題は、中学3年レベルの「文型」の問題なのです。
高校1年でも、全員が学びますね。
▲副読本『もっとわかりすぎる!英語のルール55』の p.23 と同じ問題
でしたので、生徒と、演習しました!

◆「第5文型」での、 keep と leave の使い方の違いは?
◆「第5文型」での、 make や turn の使い方は?

「熟語集」の問題も、やはり、出題されていましたね!

その前に(1)の問題も、生徒がワカラナイというので、やっておきました。

▲ワカラナイのではなく、知らない(=知識が無い)だけなのです。
★「熟語集」を、1000コ覚えたら、だれでも、デキル!
それだけの話です! ・・・・・・これから、一つ一つ、努力して、一緒に、覚えていきましょう!

これは、
▲熟語集835 を問う問題
でした。

◆ What ・・・ for ?
ですね。 (これは、生徒が、知らないのに、ヤマ勘で正解したようです。。。。今回だけは、ラッキーでした!)

◆ (      ) is that mask (      )?
◆ that mask は、何詞か?  SVOCのうち、どれになっているか? ・・・・・・★「品詞」と「文型」
◆ is の意味は?
◆ for ~は、何詞か?
◆「前置詞の後ろ」には、何が来るのか? ・・・・・・★『ルール55』のP.32 を、やりました。 (要復習)

すべての疑問点を、解決! 

・・・・・・以上が、生徒の「疑問点(ワカラナカッタ点=知らなかった点)です!
・・・・・・まずは、これだけでも、復習(&暗記)してくださいね!

本当は、もっとやりたかったですが、この2問だけで、相当の時間を使ってしまったので、
「模試について」は、とりあえず、これだけにして、
休み時間をとったあと、
残りの時間で、「抜き打ちテストの質問」と「比較の例文演習」を行ないました。

「模試」が、できなかった人、面倒みます!

・・・・・・模試が、できなかった人。・・・・・・面倒見ます!・・・・・・子供と相談の上、教室に、どうぞ!
http://mbp-tokyo.com/ikawa/service1/
http://www.geocities.jp/tqhxy138/

この記事を書いたプロ

井川治久

井川治久(いかわはるひさ)

井川治久プロのその他のコンテンツ

Share