まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
西拓也

相談者目線に立った法律相談のプロ

西拓也(にしたくや)

徳島みらい法律事務所

西拓也プロのご紹介

すべては相談者のために。悩みをゆっくりと聞かせてください(2/3)

インテリアにも気を使った相談室

場所と費用の問題が、相談者から弁護士を遠ざけてきた

 西さんが司法試験を突破して弁護士となったのは2012年のこと。「一般的な場合なら、若い弁護士はまず他の弁護士が経営する事務所に雇われて経験を積むことが多いのですが、他の弁護士のもとでは自分のやりたいことができないと思って独立する道を選びました」と西さん。その“やりたいこと”とはつまり、“他の法律事務所が無い土地に開業すること”だったそうです。「現在徳島には90名もの弁護士がいますが、その多くは徳島市に集中しています。その理由は簡単で、弁護士が通う地方裁判所が徳島市にあるからなんです。もちろん他の市や町にも弁護士はいますが、それも裁判所の支部がある美馬市や阿南市などに数軒ある程度。吉野川市内にも平成の初め頃までは支部がありましたが、その支部が統廃合によって無くなったことで法律事務所も存在しませんでした。しかし相談する側にとっては、自分の住んでいる地域に弁護士がいる方が便利なことは間違いありませんよね。だから私は、徳島市と美馬市の中間に位置するこの吉野川市に開業したかったんです」。
 どこまでも相談者本位の考えでいきたいという西さんの考えは、他の部分にも表れています。たとえば、離婚や遺産相続に関する相談を無料で受け付けたり、弁護士費用を国が建て替えてくれる法テラスが利用できることを積極的にPRしたりと、お金に余裕の無い人でも気軽に相談できるよう様々な便宜を図っています。また、相談が寄せられれば休日や夜でも対応するそうです。より身近な弁護士であることで、相談者を悩んだままにさせておきたくないという西さんの信念が、事務所のスタイルにそのまま反映されているのです。

西拓也プロのその他のコンテンツ

Share

西拓也プロのその他のコンテンツ