マイベストプロ静岡
名波直紀

不動産登記・会社登記のプロ

名波直紀(ななみなおき) / 司法書士

名波司法書士事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-77-3015

コラム

浜松の司法書士が紹介したくなる「弾み車の法則」

2020年3月21日

テーマ:本の紹介

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 事業計画 立て方

久しぶりに「TOPPOINT」(書籍を紹介するサービス)をパラパラと見ていたら「弾み車の法則」が目に飛び込んできました。

この法則を始めて知ったのは、「ストーリーとしての競争戦略」での下記の記述でした。

それから、数年間、私自身が中小企業の経営者の方々とのやり取りや自らの学びで得た感覚が、正に「弾み車の法則」の重要性でした。

~ストーリーとしての競争戦略より~
「革命や、劇的な改革や、痛みを伴う大リストラに取り組む指導者は、ほぼ例外なく偉大な企業への飛躍を達成できない。
偉大な企業への飛躍は、結果を見ればどれほど劇的なものであっても、一挙に達成されることはない。
たった一つの決定的な行動もなければ、壮大な計画もなければ、起死回生の技術革新もなければ、一回限りの幸運もなければ、奇跡の瞬間もない。逆に、巨大で重い弾み車を一つの方向に回し続けるのに似ている。
ひたすら回し続けていると、少しずつ勢いがついていき、やがて考えられないほど回転が速くなる。」
~ジェームズ・コリンズ(2001)「ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則」日経BP社~

今回ご紹介する書籍は、Amazonなどの事例紹介を通じて、この法則の基本的な考え方、弾み車を作る手順を簡潔に説いています。企業経営にとって大切なのがストーリーであることもよくわかります。

弾み車の法則
ご興味がある方は⇒ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則 Kindle版

この記事を書いたプロ

名波直紀

不動産登記・会社登記のプロ

名波直紀(名波司法書士事務所)

Share
関連するコラム

名波直紀プロのコンテンツ