まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
鈴木じつ子

円満相続をサポートするプロ(税理士)

鈴木じつ子(すずきじつこ)

鈴木じつ子税理士事務所鈴木芳夫社会保険労務士事務所

お電話での
お問い合わせ
053-454-3600

コラム

債務や葬式費用が相続財産から控除できない!?

相続について

2017年7月4日 / 2018年4月26日更新

借入金や未払いの税金等、葬式費用は相続税の計算上、プラスの相続財産から差し引くことができます。

その差し引くことができる人は、以下の人です。
・その債務等を負担することとなる相続人
・その債務等を負担することとなる包括受遺者

なお、以上の要件を満たしている相続人や包括受遺者であっても、
日本国内に住所がない人で一定の要件に該当しない人は、
プラスの財産から差し引くことができる債務の範囲が限られ、かつ葬式費用も控除することができません。

遺言書を書く際には、相続人以外の人に財産を渡したい場合、文言に気を付けましょう。

ところで、包括受遺者と特定受遺者との違いですが、

包括受遺者とは、遺言により
「遺産の全部または10分の1遺贈する」
のように、遺産の全体に対する割合で財産を与えられた人のことです。

特定受遺者は、「このA土地をBに遺贈する」
と、財産を特定して遺贈することです。



http://suzukisouzoku.com/

この記事を書いたプロ

鈴木じつ子

鈴木じつ子(すずきじつこ)

鈴木じつ子プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木じつ子プロのその他のコンテンツ