まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
鈴木じつ子

円満相続をサポートするプロ(税理士)

鈴木じつ子(すずきじつこ)

鈴木じつ子税理士事務所鈴木芳夫社会保険労務士事務所

お電話での
お問い合わせ
053-454-3600

コラム

財務分析 労働分配比率

会計・経営について

2012年7月12日 / 2016年10月17日更新

ますは、News!
事務所玄関のつばめの卵がかえりました!たぶん、2羽いるのかな
親ツバメも食事探しに朝からでずっぱりで、大変そうです
元気よく巣だって行くのが、次のスタッフ達の楽しみです


さて、今日のテーマは<労働分配比率>
社会福祉法人、介護事業の場合、経費のほとんどが人件費だと思います。
人件費が高いからと、削ってしまっては、サービス業としては、立ちいかなくなると思います。
まずは、人員基準を確保した後に、法人が目指すべき将来像に必要な人員を揃えましょうね。

労働分配率
 (人件費+福利厚生費+退職給与引当金繰入-退職給与引当金戻入+賞与引当金繰入-賞与引当金戻入)
 ÷
 (事業活動収入-寄付金収入-雑収入-借入金元金償還補助金収入-事業費支出-委託費(事務費)-減価  償却費)
 ×100                 (参考:東京都社会福祉法人経営適正化検討会報告書HP)

東京都の平均は全体で84.8% 介護は87.0%  保育は85.9%  措置等は94.1% etc...
地方の場合は東京より人件費が低いですから、若干少ないくらいが望ましいでしょう。
 (東京都平均年収614万円、静岡県平均年収487万円)

もちろん、100%を超えることは、絶対によくありません。
月単位で見た場合、賞与が出たりして、100%を超えることがあるかもしれませんが、1年間の決算終了後に100%を超えるということは、限界利益以上に人件費があるということです。
まずいです。

どうでしょう?御社は大丈夫でしょうか?

身近な相談相手として経営者の皆様を応援します!
http://www.suzuki-cta.com/pc/index.html

この記事を書いたプロ

鈴木じつ子プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木じつ子プロのその他のコンテンツ