マイベストプロ山陰・島根

コラム

「自殺(自死)がなぜ悪いのか?」

2022年8月13日

テーマ:論理的な思考方法

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

「自殺(自死)がなぜ悪いのか?」

こんにちは、サポートコーチ出雲の山根浩二です。


以前新聞の人生相談コーナーで、「自殺(自死)がなぜ悪いのか?という事について、一般的な答えではなく自分自身が納得ろできる答えが教えてほしい」という相談が載っていました。

それについて、私自身の答えを話してみたいと思います。
あくまでも個人の考えです。もし気分を害する方がおられたら、読むのを止めてください。

結論「本人が、自殺を選んだ事を後悔するから」これについて考察した事を解説していきます。

私の親戚には、何人も自殺した人がいます。
身内にも、自殺未遂をした者がいます。

人生相談の質問内容に「自らが選択した自殺という行動を責めることはできない」という内容がありましたけど、それを見て、私自身には疑問が浮かびました。想像でしかありませんか死後の世界があるとしたら、当事者は自分の選択を、後悔しないのだろうか?という疑問です。

そもそもが自殺という選択肢を選ぶということは、本当は無限の選択肢があるのに、追い込まれて、追い込まれて、結局自殺という選択肢しか残らなかったから、それを選んでしまったということだと思うのです。


今現在の状況が苦しくて苦しくて耐えられない。今の現状を続けるよりも自殺いるということのほうが楽になれると思ってしまうから行動してしまう。

でも本当は、それ以外の選択肢も沢山あるはずなのにそれが全くできない状態なので、自殺という選択をしてしまったというのが真実だろうな、という考察をしていました。

ということは気が動転している状態から何かのきっかけでハッと冷静になり目が覚める状態になりさえすれば、他にもたくさんの選択肢があるというのが少しは見えてくるということだと思います。

言い方を変えると、視野が狭くなり自殺という選択肢しか見えなくなってしまったということです。それは仕方ないのかもしれませんが、もし死後の世界があり、当事者の視野が広がり、冷静にたくさんの選択肢が見える状態になったとしたら、その時に、なぜ自殺という選択しか見えなかったんだろう?なぜそれを選んでしまったんだろう?という後悔の気持ちが浮かぶのではないのかということです。

私は以前、自殺を踏みとどまった方の話を聞いたことがあります。その方は仕事で追い詰められ、走ってくるトラックに飛び込もうとしたそうですが、ふと頭をよぎった考えで踏みとどまり、今は幸せに暮らしておられます。そして自分が自殺をしようとしたことの事を振り返り、あの時自殺をしなくて良かったとしみじみと語られます。

そういう話を聞いているからこそ思うのかもしれませんけれども、視野が狭くなり自殺しか見えていない思考が、あるきっかけで冷静さを取り戻し、自殺以外の選択肢が見えたとしたら、そこで踏みとどまれるのではないのかということです。

当事者は追い込まれて、一人で考えて煮詰まってしまい。たった一つの選択肢しか見えなくなってしまっている状態なので、きっと誰かに相談して出た結論ではありません。一人で考えて考えて思考力が減退している状態で、導き出した答え。こんなに苦しいなら死んでしまった方が楽じゃないかということだと思います。

身内にも自殺未遂をした者がいます。親戚には自殺で亡くなった人が何人もいます。私自身は自殺しようと思ったことはない人間ですからこそ、冷静に見れているのだと思います。

だからこそ当事者が冷静にたくさんの選択肢を見ることができたとしたら、必ず最悪と選択肢ではなく最善の選択肢を選ぶはずです。

人間は基本的に生きたいと願っている生き物です。なぜならば誰に命令されたわけでもないのに、毎日食べるものを用意して、生きてきた年月、生き残こる行動をし続けているからです。

それは本人の意思による選択です。長年、自ら命を絶つという選択肢がありながら選ばなかったというのが証拠です。


じゃあどうしたら?と思った方へ。

一番は、プロに相談する事が最良ですが、誰でも良いので、親しい方や他人に話を聞いてもらってください。そこから、自分と違う答えがあるという事に、気がつくキッカケになります。


「死ぬでやれば何でも出来る」という精神論が言いたい訳では、ありませんけど、それも考察すると、精神論には、それを実施するためのエネルギーが必要です。人によっては、反発のエネルギーが湧き上がる方もおられるでしょうけど、多くの方は、追い詰められてエネルギーを消耗して、立ち向かう事が出来なくなっています。

そんな方は、立ち向かうの反対に、逃げれば良いんです。


「逃げちゃいけない。」と思い込んでいるから最終的に自殺という選択肢しかなくなってしまっている。ということだと思います。

でもどこまでも逃げてもいいんです。どこまでも逃げてもいいと思われれば選択肢が格段に広がります。仕事から逃げてもいいし人間関係から逃げてもいいし、家族から逃げてもいいし、借金から逃げてもいいし、失敗から逃げてもいいし、環境から逃げてもいいし、田舎から逃げてもいい。

立ち向かうエネルギーが少ない時は、エネルギー消費の少ない「逃げる」という行動の方が楽です。逃げている間に、心のエネルギーが少しずつ回復して、平常の思考力や行動力が出来るようになる。

どんなにエネルギー量の多い方でも、疲労が蓄積すると、思考力が低下して、冷静な判断が出来にくくなってきます。その状態で、無理やり考えても、最良の答えが出る訳がありません。

そんな時は、抱えている案件を棚上げして(逃げて)、心のエネルギーを回復させて、思考力・判断力・行動力を回復させる方が最良です。

これが、選択肢が見えなくなっている原因ですので、回復すると、選択肢が見えるようになってきます。選択の自由度が上がるという事ですね。

普通の人は普段から逃げたり立ち向かったりを自由に選択しています。それが自然な姿です。その自然な姿に帰ろうということです。


「選んだ道が最良の道」
あなたが立ち向かって成功しようが失敗しようが、逃げまくって人気れようが逃げれなかったとしても、自殺未遂で終わってしまったとしても、結果から見れば人生の経験に過ぎません。人に語れるネタでもあります。

選んだ道が最良の道、あなたが選んだ選択肢どれもが最良の道です。その時に考えて最も最良な道を選んできたはずです。「人間万事塞翁が馬」目先のうまくいかなかった体験があったからこそ、その後の幸運な体験がある。かもしれません。

最後の問いです。

「あなたは、自殺(自死)しない方が良いという事について、今は、どう考えていますか?」



長文になってしまいましたけど、たまたまこの文章に辿り着いて読んでいただいた方の何かの役に立てればと思います。

お読み頂きありがとうございます

山根との対話は、きっと思考が解きほぐれ、思い込みに気づく時間になります・世界がシンプルになりますよ

人生の時短に役立つ時間になります

★ご質問・お問い合わせと体験セッションをメールで受け付けています。

★単発セッション・継続クライアントを3名募集中

コーチと繋がると、安心感が得られます!

あなたが一歩踏み出せば、自分の世界を変えれますよ!!

この記事を書いたプロ

山根浩二

現状変革を支援するプロ

山根浩二(サポートコーチ出雲)

Share

関連するコラム

山根浩二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-4653-1239

 

マイベストプロを見たと最初に、お伝えください。

電話が話し中の場合、着信が記録されないようです。申し訳ありませんが、返信が無い場合は後日改めて、お電話頂きますように、お願いします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山根浩二

サポートコーチ出雲

担当山根浩二(やまねこうじ)

地図・アクセス