まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
清水小百里

さいたまで信頼を第一に、成婚に導く仲人 カウンセラー

清水小百里(しみずさゆり)

全国結婚情報サービス協会 株式会社KMA

お電話での
お問い合わせ
0120-978-679

コラム

バツイチ40代アラフォー男性の婚活・再婚できるポイントとは?

バツイチ 婚活・再婚

2016年3月9日 / 2018年8月14日更新



近年、離婚歴がある40代の男性の再婚は、全再婚件数の過半数にも及ぶ勢いで増加しています。
離婚をしても再び良いお相手と巡り合い、人生のパートナーと歩んでいる人がたくさんいるということです。

離婚原因をきちんと自覚し、反省や見直しをすることが再婚への第一歩です。
アラフォー男性ならではの「包容力」や「経済力」を武器に、再婚に向けて婚活していきましょう。

現代のバツイチアラフォー40代男性の再婚状況

近年、初婚率をみると25歳~29歳の若い男性では減少し、35~39歳以上では増加。再婚率をみると、40~44歳以上の男性は上昇を続け、男性の平均再婚年齢は42.4歳という統計結果が、厚生労働省より発表されました。
このような結果を見ると、初婚・再婚ともに晩婚化が進んでいるようです。

最近では、再婚の中心世代は中高年となっていて、特にアラフォー世代の再婚は年々増加しています。40歳以上の男性の再婚割合では、全体の再婚件数の過半数を占めているという統計も出ています。バツイチのアラフォー世代で、再婚を考えている男性にとっては朗報と言えるのではないでしょうか。

再婚への第一歩は、離婚原因を自覚し再婚の条件を見直すこと

再婚してもまた離婚したら意味がありません。離婚原因をきちんと自覚して、再婚条件を見直すことが重要です。

「若い子が好きだからと、20代の女性と結婚したら家事が全くできなかった」「キレイな女性と結婚したら、お金がかかって大変だった」といった経験がある人はいませんか?

反対に、家事全般や子育て、両親の世話など、奥さんに任せっきりにしていなかったでしょうか。

離婚には、双方に原因があることが多いです。それゆえ、前回の結婚で、相手ばかりが悪かったわけではありません。自分にも悪いところがあったのです。
そういった反省や見直しが、再婚への第一歩です。

また、「離婚は悪いこと」とネガティブに捉え過ぎては良くありません。シチュエーションによっては、「バツイチ」がきっかけで話が広がることもありますし、良いご縁を結び、お付き合いが始まったら、結婚生活で得た良い経験や苦い失敗を活かすこともできるでしょう。

バツイチになったと落ち込まず、積極的に行動範囲を広げてみましょう。

アラフォー40代男性ならではの余裕を武器に

実際には、40代ともなると、親の介護や老後の世話、同居の問題といった事柄も身近になってきます。

しかし、結婚や離婚を経た40代の男性だからこその魅力があります。

豊富な人生経験からくる「包容力」。これは若い男性にはなかなか備わるものではありません。仕事や恋愛、人との関わりの中で培われた包容力に加え、結婚という経験もあるバツイチ男性の「包容力」は大きな武器になります。

さらに、経済力も重要な武器です。お金がすべてとは言いませんが、40代では経済力を期待されることも少なくありません。しかし、収入をごまかすのは厳禁です。
大金持ちでなくても、仕事に対する意欲や安定性などはプラスの要素になります。
再婚の条件にもなる経済力、そして仕事への姿勢、家庭とのワークバランスなどについてきちんとアピールできるように、頭の中を整理しておきましょう。

離婚をした人は、人生の大きな岐路に立ち決断を下してきた人です。その経験は決して無駄ではありません。経験してきた喜びや悲しみなどを糧にして、前向きに婚活していきましょう。

結婚できない男性アラフォー40代の特徴とその理由!
婚活で40代の男性・女性が異性に求める条件とは?
婚活で30代・40代で低年収の男性が成功する秘訣

よくあるご質問はこちら よくある質問|埼玉県さいたま市で結婚相談所・婚活ならKMAへ
無料相談ご来店予約はこちら 無料相談ご来店・予約システム(いつあき・ITSUAKI)
お問い合わせ・資料請求は こちらから

信頼できる結婚相談所をお探しの方は、ぜひホームページもご覧ください。
全国結婚情報サービス協会のKMA

この記事を書いたプロ

清水小百里

清水小百里(しみずさゆり)

清水小百里プロのその他のコンテンツ

Share