まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
二上昌弘

墓石から供養まで安心して任せられるお墓ディレクター

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

お電話での
お問い合わせ
0120-333-888

コラム

今のうちに「墓じまい」してしまいたい、その理由

墓地のこと

2016年1月26日 / 2017年9月21日更新

皆様、こんにちは。

「墓じまい」という言葉がメディアで取り上げられるようになって以降、「自分が元気な今のうちに墓じまいをしておきたい。」というご相談が増えてきました。よくよくお話を伺ってみると、お子様もいらっしゃり、お墓の跡継ぎ、あるいはお参りしてくれる家族の方はいらっしゃる。お墓の場所も、ご自宅やお子様たちの家から特別遠いわけでは無い。それなのに、「墓じまい」をしたいと言うのです。これは何故なのでしょうか?

このような相談をされる方は「子供に迷惑をかけたくないから。」とおっしゃる方がほとんどです。お墓がある事によって、お墓参りをしなければいけない。お墓の管理をしなければいけない。管理料を払わなければいけない。これらの事が、後に残るお子様にとっては迷惑なことだろう、と。それであればいっそのこと、「墓じまい」をしてしまって、自分たちの遺骨は永代供養墓に入れて管理を任せてしまうか、いっそのこと散骨でもしてもらえれば良い、とおっしゃるのです。

人それぞれの考え方はありますが、このような相談をされる方に共通の問題がある場合が多いのです。その問題とは何か?次回に続きます。

☆今まで綴ったコラムをまとめてあります。

ジャンルごとコラムまとめ

お墓・終活についてのご相談は、

公式サイト http://futakamiya.co.jp
メール info@futakamiya.co.jp
フリーダイヤル 0120(333)888

まで、お気軽にご連絡下さい。

この記事を書いたプロ

二上昌弘

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

二上昌弘プロのその他のコンテンツ

Share

二上昌弘プロのその他のコンテンツ