マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

歯と歯と歯グキの間の隙間が気になります

2019年7月9日

テーマ:診療

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



先日患者さんから相談を受けました。
歯と歯の間の隙間(歯グキよりの)がだんだん大きくなって、
食べ物が詰まりやすく困ります。
埋めてもらえませんか?

この場所は専門的には鼓形空隙と呼ばれる所
一般的に若い時はこの隙間は歯グキでしっかり被われていますが、
歯グキの中にある歯槽骨が吸収してくるため、隙間が大きくなります。

その骨の吸収は全体的であれば、全部の歯の間の隙間が見られ、
局部的な吸収であれば、部分的にその所のみとなります。

歯周病での吸収もありますが、この方の場合は後期高齢者で加齢的なもの。
一般的な歯周病とは違うものです。
勿論ムシ歯もなく歯グキも健康的なため、わざわざ埋める必要もありません。
その鼓形空隙のサイズに合った歯間ブラシを選んで使用していただくようにしました。

ムシ歯になっていると詰めたり、被せたりして形を修復しますが、
やはり削る事はもったいないですね。

この記事を書いたプロ

津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(津谷歯科医院)

Share
関連するコラム

津谷良プロのコンテンツ