まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

入れ歯による患者さんの変化とは?

入れ歯

2018年6月26日

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



歯科医師という仕事柄、歯が悪くて食べられないという患者さんに多く接します。
当然治療を進めていくと、歯が多くなくなったところは入れ歯で治療ということに。
始めは患者さんは入れ歯の話をすると、「入れ歯ですか~」と渋い返事です。
しかし入れ歯が慣れて、話したり、食べる事が出来ると、
生活が大きく変わります。

今まで丸呑みだった食事が入れ歯のリハビリが終わり、しっかりご自身の体の一部となり、
食べたかったものが大きく増え、人と接することが増え、旅行にも積極的に出かけるようになります。
これは入れ歯による生活スタイルの変化と捉えます。

そして
 さらにもっと使いやすい入れ歯へ、
 硬いものを食べられる入れ歯へ、
 金属色の目立たない口もとの入れ歯へ、
 自然な口元へ、
 さらに話し易い入れ歯、と希望されていきます。

そういう入れ歯による患者さんの変化が歯科医師としての役割でしょう。
自然なことと思います。
やはり食べるということは人にとって大切なもの。
死ぬまで食べたいという気持ちが無くなるどころか、増えてくるものだと思います。
入れ歯で健康な生活を!

この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ