まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

TCHは怖い癖です  あなたの歯を壊します

ブラキシズム

2018年1月23日

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



「入れ歯で噛むと歯ぐきが痛い」このような主訴で受診される方も多いと思います。
その原因は?
歯ぐきや顎の骨の状態が悪い方もいらっしゃいますが、他の原因も考えられます。
それは入れ歯の噛み締めです。
入れ歯でなくても自然の歯でも上下の歯どうしがいつも強く接触(噛んで)すると、
痛みとして現れます。

詰め物がよく.外れたり、歯が欠けたり、また歯が割れたりして抜歯に至ることも。
歯周病が進行して歯の.動揺が激しくなる方も、この噛み締めが原因のこともあります。

病名は{TCH」 Tooth Contacting Habit の略称で「歯を接触させる癖」です。
もちろん強く噛み締めなくても習慣として長時間歯が接触すると、
上記の症状がおこりやすくなります。

通常人は.安静にしている時は上下の歯は接触せずに、
1~2ミリほどの隙間があるものです。
しかし歯が接触する時間、頻度が多くなると、筋肉疲労を起こしたり体の不調を訴えてきます。
顎関節症を引き起こし、口が開かなくなることも症状としてでてきます。

その進行を防いだり、治療するには上下の歯を食事以外は接触させないことです。
現代社会は忙しく.ストレスの多いため、ついぐっと噛んでしまいがちですね。
パソコン、車の運転などの場合も噛んでいませんか?

結局自分で自分の歯や顎、などを痛めているのです。
せっかくある歯ですので、、唇は閉じて、上下の歯どうしは離してを守ってください。
そのことがあなたの歯、顎を守ることです。

この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ