まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

原因のわからない歯の痛み もしかしたらTCH?

ブラキシズム

2015年8月11日

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



歯の痛みを訴える患者さんの中には、むし歯も歯周病にも該当しないのに、
痛みに戸惑っている方もいらっしゃいます。

もちろん親知らずや三叉神経痛などとは関係ないようです。

原因が分からずに、日常の生活に支障が出る。

「心筋梗塞の症状の一つとして、歯の痛みを訴えることもある」とご高名な先生が指摘されていました。

しかし一般的に歯の.痛みは歯科に来院されます。

このような歯に直接原因が無い、他の全身的な原因の場合は別にして、よくある原因は歯の「TCH」です。

「TCH」とは日常的に無意識に上下の歯を接触させるくせの様なことで、ブラキシズムとも言われます。

意外と侮れない行為です。

何時も歯を強く噛んでいたり、無意識に何回も噛み続ける、
このような結果、顎や筋肉、歯が痛んだりします。

その結果歯が揺さぶられ、周りの骨が吸収して歯周病を悪化させたりします。

また、歯がすり減り、歯にヒビが入り、歯が欠けたり、歯が割れたり、詰め物がすぐ取れたりと
様々なトラブルを引き起こします。

あなたもこのようなことはありませんか?

テレビを見ている時、パソコンの前で、台所仕事の時、車の運転中になど
日中の色々な場面で歯を習慣的に噛み合わせていませんか?

くせとは怖いものです。

ある患者さんは、歯を真っ二つに割ってきました。

「硬いものは噛んでいなかった」とおっしゃっていましたが、常習的な「TCH」です。

歯の摩耗の形である程度わかります。

歯周病の原因はプラークですが、日常的な歯の強い接触による歯周病の進行も結構多く見られます。

せっかく歯を大切にしていても、このようなくせで歯を失ってはいけません。

それを防ぐには、強く噛み続けることをやめることです。

食事時以外は歯をあまり合わさずに、上下の歯の間に」2~3mmの隙間をとって下さい。

詳しくはかかりつけの歯科医院にてご相談下さい。

この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ