まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

40歳からのケア

歯周病

2011年7月26日 / 2014年7月3日更新

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。

親知らずを除いた永久歯の数は全部で28本。
40代の方なら、まだ大半はそのままという方が多いでしょうが、
安心してはいられません。

お口の中ほど日頃のケアの効果がはっきり現れる場所はなく、
手を抜けば、あっという間に口腔環境は悪化してきます。

すぐに歯垢の付着が始まりこの傾向は年齢とともに高まります。

35歳を過ぎたころから歯や歯ぐきに問題を持つ人が急に増え始め、
40歳を過ぎると、日本人の7~8割は歯周病に罹っているといわれています。

まさに35~40歳は「お口の曲がり角」ですね!

老化はお口の中にも忍び寄り、むし歯と歯周病の2大トラブルのリスクが高まっています。

どちらもそのうち治るという病気ではなく、確実に進行します。

特に歯周病は自覚症状が少ないまま進み、気がついたときに歯が動きだし、
歯を失う一歩手前ということも少なくありません。

だからこそ、予防がとても重要になってきます。

美しい口元をいつまでも維持できるように、
今日からしっかりセルフケアをしていきましょう。


この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ