まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
上北洋介

親身に話を聴き解決策を提案する相続のプロ

上北洋介(うえきたようすけ)

司法書士法人SEALS奈良オフィス

コラム

遺言の種類と自筆証書遺言①

相続・遺言

2013年5月22日 / 2013年6月27日更新

学園前司法書士事務所の司法書士 上北です。
まず、相続に関連しまして、遺言の種類と各遺言の詳細を何回かに分けてコラムします
よろしくお願い致します。

遺言の種類は大きく分けて2つに分類されます。

①自筆証書遺言
自身で遺言を書く遺言

②公正証書遺言(こちらをお勧めしています)
公証人役場で公証人の前で口述し、遺言を作成してもらう方法

まず、自筆証書遺言はご自身で遺言を作成する方法です。好きな時間にいつでも作成することができます。
自筆の遺言についての要件は簡単の列挙すると、以下の3点です。
(1)全ての文をご自身で記載する必要があります。パソコンで入力したりすることはできません。また、   代筆で記載することもできません。
(2)記載日付をしっかり残しておく必要があります。○○年○月○日と正確に記載します。
(3)署名・押印が必要です。押印は実印がベストです。

要件としては以上です。ひとつでも欠けますと遺言は無効になります。

次回は自筆証書遺言の記入の注意点です。

相続・遺言のご相談は学園前司法書士事務所までお気軽にご相談下さい。

この記事を書いたプロ

上北洋介

上北洋介(うえきたようすけ)

関連するコラム

上北洋介プロのその他のコンテンツ

Share

上北洋介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0742-81-8445

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上北洋介

司法書士法人SEALS奈良オフィス

担当上北洋介(うえきたようすけ)

地図・アクセス

上北洋介プロのその他のコンテンツ