マイベストプロ宮崎
池田小百合

個人・企業向けに適切なパソコン技術指導を行うプロ

池田小百合(いけださゆり) / 講師

池田パソコン塾

コラム

マイナンバーカード スマホから登録やってみた

2020年5月9日 公開 / 2020年5月23日更新

テーマ:お困りごと

コラムカテゴリ:くらし

マイナンバーカード
今回のコロナで国からの給付金請求に、マイナンバーカードからできるということで、カードを持っている人の申請が集中したようですね。

マイナンバー自体、封筒が届いたときには見向きもしなかったのにね。
私も、手続きの面倒さでついついそのままになっていました。
スマホからできるよということで、また今度と思うと忘れてしまうので、忙しい時期に担当者に申し訳ないと思いながら申請しました。

マイナンバーの通知の封筒の中に、はがきが入っていますがそこに「左のQRコードを読み取るとスマートフォンから交付の更新ができます」と書いてあるQRコードを読み取れば、自分のIDが自動で入ります。
後は画面に沿って入力をしていくだけですが、その前に顔写真を用意しておくといいです。
入力過程でも、撮影はできますがやり直しがきかないかもしれません。

さほど難しい操作はありません。
署名用電子証明書は、不要にしないほうがいいかと思います。
これから先、生涯使い続けるものですから、ネットからの手続きとかも楽になります。
いずれ、カードに健康保険証もついてくることになるとか。
やれば簡単なのにね。

受け取りまでに1か月とありますが、今の時期はもう少しかかると思っていた方がいいでしょう。
受け取り時に、パスワードの設定がありますので、事前に考えていった方がいいでしょう。
意外と、なんにしようと悩まれて決めるまでに時間を取られますので。

パスワードも3回間違えるとロックがかかるようになっているので、しっかりと記録を取っておいてください。
そして、自分がわかるところに保管。
いつもパスワード設定で困るのは、書いてあっても何のパスワードかが分からないことが多いです。
それと、大文字小文字の区別、無意識に打つ点もドットなのか何なのか。
ハイフォンなのかアンダーバーなのかの中途半端なところの線。
意外と自分で書いたものが分からないのですよね。

20年前パソコンを始めた時の初歩のテキストに、「これからはICチップの時代がきて、個人の情報がこれ一つに記録されていく時代がきます」とのちょっとした説明があったのですが、本当にそんな時代になりました。
コロナがなかったら、給付金がなかったらマイナンバーカードを作るという考えもなかったでしょうね。
ほんとうに時代が大きく変わる年となりました。

マイナンバーカード

この記事を書いたプロ

池田小百合

個人・企業向けに適切なパソコン技術指導を行うプロ

池田小百合(池田パソコン塾)

Share

関連するコラム