まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

豪雨被害

2018年7月10日

 このたびの豪雨被害により、命を落とされた方に対しては心からお悔やみ申し上げます。
 また、被害を受けられた方に対しても、心からお見舞い申し上げます。

 広島弁護士会では、早くから相談体制を整備された模様である。
 災害の際のチェックリストもホームページからダウンロードできる。

 広島弁護士会には、前回の豪雨被害の際のノウハウをご教示いただくべく、弁護士会の複数の委員会で訪問させていただいたが、迅速な動きである。
 京都弁護士会でも、被災した方に対する相談体制を一刻も早く整備しなければならない。私は現在は法律相談センターの委員長ではないので、現在の委員長と役員が迅速に動いてくれるはずである。

 為政者が悪いと災害が起こるというのが古来中国の思想であるが、今回の災害の最中にも種々物議を醸しているようであり、なんともやりきれない気持ちである。
 トップではなく、現場の力で乗り切ってきたのが日本人といえばそうであるが、被災した方からいえば、憤りを感じられるのではなかろうか。
 一日も早く、復旧ができることを祈る次第である。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share