まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

宴会のドタキャン、ドタ参

2018年5月10日

 宴会も、コース料理を頼んでいる時にドタキャンされると料理のキャンセルが効かず困る。
 たくさん食べる人がいれば二倍食べてもらえばよいのだが、最近はみんな年齢が高くなってきて、それほど食べられない(私自身も食べる量が減ってきた)。
 居酒屋のようなところで、その場で注文するのであれば、ドタキャンでも特に問題はないが、基本的には「参加する」と言っていて、来ないのは信用を失うことにもなりかねない。
 これは、ドタキャンの理由にもよるだろうが。

 出席で出していないのに、「あれ?出していませんでしたか?」と来られる(ドタ参)のも迷惑な時とありがたい時がある。
 コース料理などで欠席者が出て困っている時はありがたいが、欠席者がいない時は、席がなくて困るとか、コースができないので別途料理を頼まないといけなくなることもあり、困る。
 サッカー部の合宿で、突然練習に参加して、開始5分で肉離れを起こしたあげく、食事まで食べて帰り(席がないのでみんな詰めて狭くなり、宿泊所にも別に料理を作ってもらい迷惑をかけた)、あげくの果てに泊まろうとしたY田Kおるという弁護士がいるのだが、この人は、いつも参加、不参加を出さないで、「悩み中」という場合は80%の確率で来るのだが、かといって20%の確率で来ないので、席を用意するかどうかいつも悩むのである。
 先日も「悩み中」というので居酒屋の席を確保しておいたが、結局来なかったのである。。。
 こうした出欠の管理も大事だと思うのだがどうであろう。
 以上です。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share