まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

和解速報、売掛金について注文者が責任を負わないという主張を排斥した事例

2018年4月12日

 会社が取引先からの注文を受けて商品を継続的に売却していたところ,取引先から,当該注文者の注文をストップするように連絡を受け,当該注文者が注文した商品の売掛金の支払がなされなくなったため,その支払を求めて提訴した事案。
 相手方は,当該注文者は従業員ではないことなどを主張していたが,当該注文者が注文した売買契約については相手方が責任を負うものとして,請求額の約6割強を相手方が支払い,残額は当該注文者が支払う内容で,裁判上の和解が成立した事例。
 担当弁護士は堀田でした。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share