まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

裁判官の考え方

2018年1月16日

 裁判官!当職そこが知りたかったのですという、有名な岡口裁判官と、絵の上手い中村真という大阪の弁護士が対談した本を読んだ。趣味的に読んだので、読書日記でもあり、実務的にも役立つかと思って読んだので、仕事的読書でもある。
 判決を書くのは裁判官であるから、裁判官に響かないと勝たせてもらえない訳であり、弁護士はこの本は読んだ方がいいと思う。
 全て同じとはいえないが、裁判官と話しをする際に言われていたことが書いてある。
 その中で、もっとも大事なのは、不必要に長すぎる書面は書かないということであろう。
 前にもこのブログで書いたが、不必要に長すぎる書面は必要ないのである。
 内容的に長くなることは致し方ないこともあるが、不必要に長い書面は読んでもらえないか、読んでもらったとしても裁判官の注意力が続かないであろう。
 そのほか、全ての裁判官がこうだという訳ではないであろうが、やはり弁護士たるもの、裁判官の考え方を知ることは重要であると感じたので紹介しておく。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share