まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

読書日記年間ベスト10その3

2015年12月9日

「島津義弘の賭け」中公文庫。山本博文。
 史料から島津義弘の苦悩を描いた作品で、話している内容すら史料から引用されている。
 島津が朝鮮侵略の際に朝鮮軍から恐れられたが、なぜ島津はそれほど強かったのか。
 島津家の内部はどうであったのか。家臣団の統率はどうであったのか。
 また、検地は秀吉のためだけになされたものなのか。
 これらが詳しく書かれており、戦国時代の実像を知ることができる。
 表題も内容を読んでいけば分かっていく。
 関ヶ原の一か八かの撤退戦のことを指しているのではないのである。

 また、関ヶ原でなぜ島津義弘は極めて少数の兵しか率いていなかったのかということもこの本を読んで謎が解けた。
 そして、なぜ島津が撤退戦であれほどの強さを示したかも理解できるのである。
 島津好き、戦国好きでこの本を読まない手はないのである。

 非常に人気のある武将である島津豊久の死には泣ける。ヤングキングアワーズで連載されているドリフターズという漫画の主人公にもなっている、この本の言葉を使わせてもらうと、類い希な武将である。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share