まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

事件に入りこみ過ぎないこと

2013年12月3日

 私が気をつけていることの一つに、「事件に入り込みすぎないこと」ということがある。
 依頼を受けた事件に対して全力で取り組むことと、弁護士自身が当事者化して事件に入り込みすぎるということとは一致しないと考えている。
 当事者と一体化した結果、客観的な見方が出来なくなったり、当事者に取り込まれたり、見えなくなったがために弁護過誤的なことを起こしてしまう例を垣間見ることがある。
 事件がうまく進まない時には、客観化して見ることが出来ていない時もあるだろうし、思い込みにとらわれている時もあるだろう。
 もっとも、自省はしているものの、こうした態度を貫くことは難しいともいえる。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share