まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

菊池桃子

2013年8月20日

 テレビのコマーシャルで菊池桃子をたまに見かけるが、私が中学校の頃アイドルで、少し年上程度だったので、まあまあの年齢のはずである。
 しかし、テレビの画面上で見る限り、全く老けていない。

 近くで見るとそれなりに年齢を感じさせるものはあるのかもしれないが、画面上では全く感じさせない。前に石川ひとみを見てそう感じたが、菊池桃子の方が上かもしれない。
 
 若い頃は、老けて見られたいと思っていたが、最近は実年齢よりも若く見られたい。
 一応年齢相応くらいに見えているようである。

 しかし、依頼者に実年齢をいうと、「歳が若いですなあ」といわれる。これは見かけが老けているという意味ではなく、「若い弁護士さん」という意味である。
 25歳で弁護士になり、現在18年目であるのだが、未だにたいていの依頼者に「歳が若いですねえ」といわれる。
 何歳になれば、お歳が若いといわれなくなるのであろうか。
 むむう。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share