まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ高知
由籐久和

家計に適した住宅取得・住宅ローンや保険を提案するプロ

由籐久和(ゆとうひさかず)

ファイナンシャルプランナー FPライフ

コラム

住宅ローンあなたなら誰に相談しますか?

FPマンの独り言

2013年10月24日

あなたなら誰に相談しますか?

  1:金融機関
  2:住宅販売会社(メーカー、工務店、など)
  3:インターネット、書籍など

ほとんどの人が上記のいずれかですよね!
   1はお金を貸したい人
   2は住宅を販売したい人
   3は自分自身で解決できる人?


何が問題点でしょうか?考えてみましょう!

1,はお金を自社から借りて欲しい立場、2は住宅を販売する立場それぞれの思惑でローン選択をされる場合が多く、審査基準や提携ローンなどでお薦めするケースが多数見受けられます。

 住宅ローンの種類は多く自分たちに合ったベストなプランを選ぶのは至難の業だと思います。一般的には、収入や、現在の住居費だけで判断されることが多く借り入れ可能額が無理なく返していける金額と誤解をしてしまうことではないでしょうか。

 大切なことは自分たちに合ったローン選択をすることですね。(簡単そうで難しい)

 先日もこんな相談が新築3年目で短期固定を借り返えしたいとの御希望でしたが結果は借り換えできませんでした。審査基準を満たすことができなかったことが原因です。
でもこんな人も他行にて借り換えを断られた後のご相談でしたが借り換えが可能になり、結果的に総支払額で800万円近い金額が支払わなくてよくなりました。


成果が必要なら
知識:情報×思考×行動=成果
全て掛算です、どこかひとつでも0なら成果はでないことを知ってください!

家計診断の事例はこちら

ご相談方法についてはこちら

この記事を書いたプロ

由籐久和

由籐久和(ゆとうひさかず)

由籐久和プロのその他のコンテンツ

Share

由籐久和プロのその他のコンテンツ