マイベストプロ神奈川
一寸木国博

「聞こえ」の悩み改善をお手伝いする認定補聴器技能者

一寸木国博(いちずきくにひろ)

補聴器プラザ小田原

コラム

クロス補聴器を販売して思う事

2019年3月20日

テーマ:聞こえのこと

cros2312

今月もクロス補聴器を2件販売し、現在も1件貸出中となっております。

片耳難聴でお悩みの方は予想以上に多いと改めて実感している次第です。
クロス補聴器の適用となる方々と日々接して、感じていることがあります。

それは、日常生活での困り度のレベルに対して、社会全体の理解度が低い事。


オージオ3

例えば上の図のような聴力の方の場合、赤で示された右側からの聞き取りは非常に困難です。
左は正常値に近いので、そちらが聞こえているからまぁ大丈夫だろうとなってしまう。
もちろん障がい認定の基準にも程遠い。

しかし、実際には会話の聞き取りに大きなストレスがかかります。
常に自分の位置を意識して、
聞こえづらい側から話しかけられることを極力避けるような努力をしている方が多いです。

また雑音下での聞き取りは両耳聴と比較して、かなり低下してしまいます。
また、学生であれば語学の習得にも少々支障が出てくるでしょう。

特に、外国語のリスニング試験などの際に配慮がなければ相当困難を感じるはずです。

そして、良い方の耳の聴覚を守ることを意識していかなければなりません。
イヤホンでの長時間の音楽鑑賞などは、なるべく避けた方が良い。

このような様々なストレスがありますが、公的支援策はないに等しい。

軽度難聴であっても、18歳未満であれば公的支援が受けられるケースもありますが、条件は都道府県によります。
神奈川県の場合、原則両耳とも聴力が30dBより低下している場合に適用なので、
上記の例だと左はそこまで低下していませんから適用外となります。

しかし、実際には両耳とも30dB程度の軽度難聴よりも、
上記の一側性難聴の方がより困り度が大きいのではないかと思うのです。

今後、一側性難聴への理解度が進み、何らかの公的支援が実現されればと願います。

補聴器メーカーなども含めた業界団体の働きかけも必要となって来るのではないでしょうか。

補聴器の相談は専門家へ!

認定補聴器専門店 補聴器プラザ小田原

この記事を書いたプロ

一寸木国博

「聞こえ」の悩み改善をお手伝いする認定補聴器技能者

一寸木国博(補聴器プラザ小田原)

Share
関連するコラム

一寸木国博プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0465-42-9570

 

測定中等で応答できないことがあります。
営業時間内の電話については番号通知されていれば、必ずかけなおします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

一寸木国博

補聴器プラザ小田原

担当一寸木国博(いちずきくにひろ)

地図・アクセス

一寸木国博のソーシャルメディア

rss
補聴器プラザ小田原 アメーバブログ
2019-10-09
facebook
Facebook

一寸木国博プロのコンテンツ