まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
川田哲

顧客の思いを尊重して大切な家を延命する塗装のプロ

川田哲(かわださとし)

有限会社川田建装

お電話での
お問い合わせ
087-844-2998

コラム

外壁劣化の5つの兆候とセルフチェック方法

劣化の兆候について

外壁は、マンションや住宅を守る役割がある反面、常に日光や雨、風、雪などにさらされています。
外壁にはこのような自然の脅威に耐えられるような素材や塗装を使用していますが、永久に耐えられるわけではありません。
適正な時期に外壁をメンテナンスしないと、マンションや住宅自体の寿命を縮めかねないです。
さらに外壁劣化が進んでしまうと、メンテナンスする際に、費用がかさむ原因にもなります。
ただ、外壁劣化の兆候は目視などで確認できます。

劣化の5つの兆候について(ツヤ引け、変色、チョーキング、藻・カビ・汚れ、はがれ・ひび割れ

劣化の兆候は、①ツヤ引け、②変色、③チョーキング、④藻・カビ・汚れ、⑤はがれ・ひび割れといった順番で発生し、誰でも目視などで確認ができます。
太陽光の中にある紫外線が原因で、塗料が色あせてしまうツヤ引けや変色がまず外壁に発生します。
特に日当たりの良い外壁にツヤ引けや変色が発生することが多いです。

次にチョーキングもしくは白亜化と呼ばれる現象が外壁に発生し、黒板に字を書く時に使われるチョークからでるような白い粉が外壁に付着します。
この白い粉は、紫外線や水分によって、塗料の成分である顔料が劣化して粉の状態になって発生します。

次に発生する藻・カビのほとんどの原因は、劣化した外壁に残る水分です。
劣化した外壁は、雨などの水分をはじく機能が低下して保水性を持ってしまいます。
水分を含む外壁は、湿度を好む藻やカビの繁殖を促す原因になってしまいます。

一方、雨に含まれる埃や大気汚染物質が汚れの原因となります。

また、外壁のはがれは、建物の構造上の問題や手抜き工事により発生することがあります。
塗りたての外壁の塗料は、ある程度柔軟性がありますが、経年変化により徐々に硬化してしまい、ひび割れが発生します。

セルフチェックのポイントについて

ツヤ引け、変色は、日当たりの良い外壁を入念にチェックしましょう。

チョーキングは、実際に指で外壁を擦って白い粉が付着しないか確認しましょう。
外壁に繁殖するカビについては色々な種類があり、確認されているだけで60種類以上あると言われ、緑色をはじめ、黒、黄色など様々な色のカビがあるので、良く確認しましょう。

ひび割れは塗装に発生することが多いですが、サディングの外壁の場合、コーキングの部分にも発生しやすいので注意が必要です。

外壁のひび割れの場合、塗装だけに入るヘアクラックが発生することが多いですが、外壁自体に入るひび割れが発生することもあり、注意が必要です。

外壁自体にひび割れが発生すると、マンションや住宅の室内に雨などの水が浸入します。

有限会社川田建装HP興味のある方はクリック

この記事を書いたプロ

川田哲

川田哲(かわださとし)

川田哲プロのその他のコンテンツ

Share

川田哲プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-844-2998

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川田哲

有限会社川田建装

担当川田哲(かわださとし)

地図・アクセス

川田哲のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-03
rss
rss
2018-07-01
twitter
twitter
2018-08-11
facebook
facebook

川田哲プロのその他のコンテンツ