まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
川田哲

顧客の思いを尊重して大切な家を延命する塗装のプロ

川田哲(かわださとし)

有限会社川田建装

お電話での
お問い合わせ
087-844-2998

コラム

外壁のひび割れ原因と塗り替え時期

ひび割れの症状と原因について

外壁には、経年変化による劣化などでひび割れが発生することがあります。

外壁のひび割れには、ヘアクラック、乾燥クラック、構造クラック、縁切れによるクラックがあります。

ヘアクラックは、塗膜にできるクラックです。
ヘアクラックが発生する原因は、経年による塗膜の劣化、不適切な塗装作業などがあります。
乾燥クラックは主に乾燥過程のモルタルなどが、水分の蒸発などによって収縮して発生します。
乾燥クラックの発生は、完全乾燥収縮前のモルタルに塗装したことが原因です。

構造クラックは、住宅やマンションの構造的な欠陥によって、揺れたり、歪んだりすることが原因で発生します。

縁切れによるクラックは、モルタルなどの塗装で、途中で塗装を止めたり、部分的に塗装をやり直したりすることが原因で発生します。

補修工事の流れについて

ヘアクラックの補修工事では、弾力がある下塗材(弾性フィラーなど)をクラックの中に刷り込み補修します。

乾燥クラックの補修工事では、乾燥クラックにエポキシ系充填材の注入した後に微弾性フィラーを下塗りします。

構造クラックの補修工事は、0.3~0.7mm未満の構造クラックの場合は、シーリング材で埋め、0.7mm以上の構造クラックの場合は、クラックをV字にカットして、プライマーを塗布した後にシーリング剤で埋めます。

縁切れによるクラックの補修工事は、モルタルの場合、幅が0.3mm以上の縁切れによるクラックはシーリング材を充填します。

コンクリートの場合、0.3mm以上の縁切れによるクラックは、クラックをVカットした後に、樹脂モルタルまたはシーリング材を充填します。

下地調整の重要性と塗装のポイントについて

下塗りを行う前に、外壁のヒビ割れや損傷箇所を補修する下地調整は重要で、下地調整をしっかり行うことで塗装のひび割れを防止できます。
また、美しい外壁に仕上がり、雨水の侵入を防止することもできます。

通常の塗膜の10倍の厚さがある弾性塗料は、ゴムのように伸びて外壁のひび割れに対応します。
弾性塗料を外壁のひび割れに使うと下地が割れても、カバーしてひび割れが外観にでません。

20度で120%以上の伸び率がある弾性塗料の他に、0度で50~90%程度の伸び率がある微弾性塗料があります。
弾性塗料は2液型と呼ばれ、硬化剤を混ぜて使用し、混ぜてしまうと6~8時間以内に使いきらなければいけません。

ひび割れがよく起こるモルタル外壁には、ひび割れをカバーできる弾性塗料が向いており、良く使われています。

有限会社川田建装HP興味のある方はクリック

この記事を書いたプロ

川田哲

川田哲(かわださとし)

川田哲プロのその他のコンテンツ

Share

川田哲プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-844-2998

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川田哲

有限会社川田建装

担当川田哲(かわださとし)

地図・アクセス

川田哲プロのその他のコンテンツ