まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
笠原友子

栄養と漢方で糖尿病を健康に導くプロ

笠原友子(かさはらともこ)

笠原健招堂薬局(有限会社笠原)

コラム

うつ・イライラ・不眠、栄養不足ではありませんか?

不眠やイライラ、うつ症状に悩む方がしばしば来店されます。

糖尿病の持病のある方
貧血の方
チョコレート大好き女性
精神疾患に悩んでいる方、家庭内の問題に悩む方々など
多種多様な方々が、精神安定剤や睡眠導入剤を使って、神経を休め、眠ろうとされています。

体調によっては、漢方薬の方が早く楽になりそうな方もあります。
イライラから肝気が鬱滞している方は、漢方薬で通してあげると、冷えやむくみが取れ、排泄が良くなって、すっきりとした顔つきで再来店されます。

多くの方々に栄養素不足の傾向が見られるのが気掛かりです。
特に甘いものが大好きな方、糖尿病の持病のある方は、用心いただきたいです。
糖質を代謝する時に必要な栄養素と、からだが精神安定物質や睡眠ホルモンを作るときに必要な栄養素が同じだからです。
甘いもので精神を安定させようともがくほど、血糖値が乱高下して精神不安定になりやすくなるばかりか、安定的に高血糖になってしまいます。

ストレスに負けそうになって、精神安定剤を飲み続けて眠ろうとしている方
とある栄養素不足があると、ストレスに負けやすくなるのを知っていますか?
この栄養素不足があると、からだは闘い続けたままになるので眠れないのです。
この状況で、女性ホルモンの分泌経路も抑えられるので、女性は生理不順や生理痛、不妊で悩むことになります。

酒の力で眠ろうとしては行けません。
酒を解毒する時に使う栄養素は、インスリン分泌にも高ストレス状態を止める時にも必要な栄養素です。
負のスパイラルに陥りかねません。

睡眠導入剤や精神安定剤の処方せんを持って来続ける方を見るたびに、心が痛み、つい食事指導をしてしまいます。
ご相談にご来店の際は、血液検査結果を持っていらしてください。
あらためて店頭にて体調をお尋ねします。

甘いものがお好きな方はこちらを→糖尿病について

笠原健招堂薬局では体調の詳細を確認した上で対応しています。
ご相談→ご予約・お問い合わせ
HPは→笠原健招堂薬局
糖尿病でお困りの方へ⇒[[糖尿病は栄養をとれば健康に戻る https://www.amazon.co.jp/dp/4766785266

この記事を書いたプロ

笠原友子

笠原友子(かさはらともこ)

笠原友子プロのその他のコンテンツ

Share

笠原友子プロのその他のコンテンツ