まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

コラム

寄せワンを取りたい方のためのアプローチ講座 第4回 左足下がりのライからのアプローチ

アプローチ

2018年3月2日 / 2018年9月25日更新

寄せワンを取りたい方のためのアプローチ講座 第4回
左足下がりのライからのアプローチ① 基本編

今回は、以前コースであったシチュエーションのお話です。
コースは、三木よかわカントリー倶楽部 西コース4番ホール 360ヤードパー4です。
かなりの打ち下しのホールで、セカンドショットも左足下がりになるのですが、今回はそっちではなく、アプローチの方です。
生徒さん、ティーショットはまずまずの出来で残りは130ヤード。しかしトップしてしまい、グリーン奥にはずしてしまいました。
シチュエーションは、ボールはかなり左足下がりのラフ。ボールからエッジまではおよそ5メートル。
その間は1メートルくらいの、いわば小さな谷になっています。
エッジからピンまではおよそ10メートルの上りです。
(以下生は生徒さん。私は私です)

生『先生、こんな左足下がり、どうやって打ったらいいんですか?』
私『そうですね、いくつかのやり方がありますが、今回は一番楽な、あるいはオーソドックスなやり方をしましょう。』
生『はい。』
私『キャリーは5メートル位出ればこのちっちゃな谷を越えますし、幸いピンまでの距離もあって、しかも上りです。無理をして球を浮かせる必要はありません。』
チョッと後ろを振り返ると、次の組はまだティーインググランドにも来ていません。レッスンする時間は十分あります(笑)
私『左足下がりに限らず、傾斜地でのアドレスで重要なのは地面に対しての角度と、地球、すなわち重力に対する角度です。』
生『はい?地面と地球ですか?』
私『そうです。結論から言ってしまえば、下半身は地面に対して直角に立ち、上半身は地球に対して直角に立つのです。』
生『体を曲げるということですか?』
私『う~~ん、まぁそうなんですが、傾けるといった方がいいかもしれないですね。』
そこで私がやってみせたのは、下半身は傾斜に対してまっすぐに立ち、左の膝を曲げ、体重の過半が左ひざの上に乗せることで、左腰が傾きの中心に来るような立ち方です。
その腰を支点に、上体を地球に対してまっすぐに立てるのが基本的なアドレスです。
それを図にするとこうなります。

私『下半身を地面に対して直角に立つことで、斜面なりにヘッドを下すことができます。でも上半身も地面に対して直角だと、左に転げ落ちてしまいますよね?』
生『えぇ。まず立っていられません(苦笑)』
私『前にやった転がすアプローチを覚えていますか?』
生『はい。左ひざの上に体重をおいて、左肩と膝が一直線上にあるようにセットし、その位置関係を変えないように打つ・・・でしたよね?』
私『そうですね。左足下がりの傾斜に対する立ち方ができたら、あとは転がすアプローチと同じです。やってみてください。』
転がすアプローチの詳細については、第1回のピッチエンドランを参照してください。
生『クラブは・・・?』
私『軽く上って上っていますから、ランはそう出ないでしょう。Awで1:1でいいと思います。』
生『7メートルくらいのキャリーですかね?』
私『そんなもんで大体いいと思います。距離も大事ですが、それ以上に球を上げようとしない方が大切ですよ。上げようとすると、リーディングエッジが浮いてトップしますから。』
生『わかりました。打ってみます。』
後ろを振り返ると、ようやくティーインググランドに次の組が来たところでした。
私『落ち着いてやってくださいね。』
生徒さんに後ろの組との間が空いていることを教え、焦らないようにやってもらいました。
私『ナイスアプローチ!』
手順通りにやれた生徒さんの球は、低い弾道で飛び出し、エッジから1メートルくらいのところに落ちて転がりました。ピン下1メートル弱です。
上りの真っすぐなラインをしっかり打って、見事寄せワンのパーを獲りました。
生『ありがとうございました。上手くいって良かったです。』
5番ショートに向かってカートを走らせていると、生徒さんから質問がありました。
生『今のは幸いなことにランが出ても大丈夫でしたし、上りでしたから良かったですけど、もしランが出せなくって、しかも下りとかだったらどうするんですか?』
私『諦めてください。』
生『え?』
私『冗談ですよ。かなり、難しい技ですが、やり方はあります。もちろんライによりけりではありますけどね。』
生『それ、教えてください。』
私『わかりました。では次の5番ホールで、右の斜面に打ってください。そこからやりましょう。』

ということで、次回は『左足下がりからのアプローチ② 上級編』です。
お楽しみに!

この記事を書いたプロ

深田洋史

深田洋史(ふかだひろふみ)

深田洋史プロのその他のコンテンツ

Share

深田洋史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史

オーシャンゴルフアカデミー

担当深田洋史(ふかだひろふみ)

地図・アクセス

深田洋史プロのその他のコンテンツ