まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

コラム

寄せワンを取りたい方のためのアプローチ講座 第5回 左足下がりのライからのアプローチ②

アプローチ

2018年3月5日 / 2018年9月21日更新

寄せワンを取りたい方のためのアプローチ講座 第5回
左足下がりのライからのアプローチ② 上級編

今回は、以前コースであったシチュエーションのお話の続きです。
コースは、三木よかわカントリー倶楽部 西コース5番ホール 160ヤードパー3です。
(以下、生は生徒さん。私は私です)

生『グリーン右の斜面に打てばいいんですね?』
私『はい、そうです。そこから先ほど言われた打ち方のレッスンをしましょう。』
その生徒さん、もともとがスライスが持ち球ですし、風も左から右でしたからグリーンの右端を狙えば、勝手に右の斜面まで曲がってくれました(笑)
私『じゃぁ行きましょうか。』
生『え?先生は打たないんですか?』
私『はい、貴方のレッスンです。私のプレーで時間を喰ってはいけませんから。』
生徒さん、申し訳なさそうにしていますが、当たり前のことなんです。レッスンなんですから(笑)

私『いいですか? 今度は地面に対して直角には立ちません。』
生『はい。』
生徒さんには、私の正面に立ってもらいました。

私『ボールは右のつま先。右足一本で立ちます。地球に、つまり重力に対して直角に立ち、決して地面に対して構えてはいけません。』
生『はい。でも、バランス悪そうですね?』
私『その通りです。だから足幅は狭くし、スウィングもコンパクトにする必要があります。』
私が構えてみせました。幸い数日間の好天のおかげで、足場は滑りません。
生『うわぁ!なんかすごく傾いて見えます。』
私『斜面に逆らうように立っていますから、視覚的には相当右に傾いて見えますよ。自分が立ってみたら、もっとひどい傾きに感じると思います。』
ボールの位置は右のつま先。体重は右足一本にかかっています。
私『この状態でスウィングすると、ボールは右足とツラの位置にありますよね?』
生『はい、ほぼ同じ高さにあります。』
私『もちろんボールの後ろは高いわけですが、左体重の時と比べてどうですか?』
生『かなり相対的に低くなっているように見えます。』
私『そうです。これが大切なんです。この状態であれば、右足一本の体重軸を動かしさえしなければ、平地と同じようにフェースが入れられます。』
私はコンパクトなスウィングで打ってみせました。
生『あ!球、上がりました!』
もちろん平地で打つよりは低いですが、左足に体重を乗せて打った時よりははるかに上がります。
生『ほぇ~!下り斜面なのに止まりましたよ!』
ポンと落ちて、後は下り傾斜なりに転ぶだけでピンから1メートルのところに止まりました。
止まりました・・・と書きましたが、実のところ『止まってくれた!』という気持ちの方が大きかったんですけどね(笑)
私『やってみてください。』
生徒さんに構えてもらい、姿勢の微調整をして打ってもらいました。
生『あ!』
トップです。ボールはティーインググランドから見て左、こちらから見ると向こう側のOBに行ってしまいました。
私『上げに行ってはいけません。あくまでもいつも通りにスウィングしないと、リーディングエッジに当たって、今みたいにトップになりますから。』
生『はい。暫定球、打ちます。』
余談ですが、この暫定球宣言はとても大切です。もし言わないで打った場合、最初の球がインバウンズ(俗にいうセーフ)であったとしても、取り換えられた球がインプレーの球になってしまいます。
「危ないからもう1球打っておきます」とかの言葉ではダメです。はっきりと『暫定球を打ちます』と宣言しない限り、その球は暫定球とはみなされませんのでご注意くださいね。
私『ナイスアプローチ!』
今度の球は、何とか浮いてくれました。やや強めに入ったので、ピンを超えて3メートルくらいオーバーしましたが、とりあえずはグリーン上に止まってくれました。
私『この技は、ヘッドが構えた位置にキチンと戻ってくる『再現性の高いスウィングができる人』でないと使ってはいけない技です。さっきみたいにトップの出やすい、危険性をはらんだ技ですからね。』
生『はい。よくわかりました。2球目は何とかうまくいきましたけど、怖かったです(苦笑)』
私『基本的な技では寄せるのが酷く難しいライでも、この技なら上手くいけば寄せワンも取れます。ただ、失敗するとグリーン近くからのOBなんて地獄を見ることもありますから、使うときは余程肚を括ってやってください。生半可な気持ちでやったら、失敗した時に大きな後悔になりますからね。』
生『わかりました。もっと練習してから使うようにします。しかし、いろんな引き出しを持ってるんですね?』
私『ありがとうございます。でもね、引き出しは多い方が良いですが、実際に使うのはそのほんの一部ですよ。もちろん引き出しが多いということは、選択肢も広がるということですけど、闇雲に技のレパートリーを増やすより、得意技を磨いた方が実戦では役に立つと思います。』
生『よぉ~く分かります(笑) 僕はまず基本をしっかり磨こうと思います。』
私『そうですね。では6番ホールも頑張りましょうか。』

まとめ
左足下がりのライからのアプローチ 上級編

立ち方は地球(重力)に対して直角。
右足一本で立ち、ボールは右のつま先。
スタンスは狭めで、スウィングはコンパクト。
決して上げようとせず、構えた位置に戻るスウィングをする。
失敗しても後悔しない決意をもって打つ。

いかがでしたか?
お役に立ちましたでしょうか?
次回はアプローチ講座はお休みして、初心者の方のラウンドレッスンを載せる予定です。
次回は写真入りで解説しますので、お楽しみに!

この記事を書いたプロ

深田洋史

深田洋史(ふかだひろふみ)

深田洋史プロのその他のコンテンツ

Share

深田洋史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史

オーシャンゴルフアカデミー

担当深田洋史(ふかだひろふみ)

地図・アクセス

深田洋史プロのその他のコンテンツ