マイベストプロ神戸
自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(じねんまちこ) / キャリアコンサルタント

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

コラム

結婚する人と恋愛する婚活時代、失恋したときの立ち直り方

2021年1月31日 公開 / 2021年4月15日更新

テーマ:結婚相談所の婚活 交際編

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 婚活マッチングお見合い再婚 婚活

神戸で婚活をサポートして20年のじねんまちこです
私は婚活カウンセラーとして、婚活をしている会員の方向けに結婚までの道しるべになれるようなお話をしています。

今日は恋愛初心者の婚活についてお話をしたいと思います。

婚活して初めて恋愛する婚活初心者


最近の婚活をされている男女の方は、
「結婚する人と恋愛する」という傾向が強くなってきています。

学生時代も社会人になっても出会いのない状況です。

昭和なら、社内恋愛花盛りですから、
結婚するために女性は働きにいく・・・現代では考えられないような時代でした。

しかし、今は、社内恋愛は本当に少ないようです。
なぜなら、社内で女性に声をかけてデートに誘うなんてことをして、もしうまくいかなければ、・・・そんなことを考えると声などかけられない。
そもそも、社内の異性を恋愛の対象にみることができないとようです。

そういう状況下であれば、
昭和の時の不倫などは、今はおきないのかもしれませんね。

このように、男女を意識するところが、だんだんと無くなっている今、
学生時代に恋愛をしていない人は、婚活で初めて恋愛をするということになります。

しかし、婚活世代になってくると
ただ恋愛している場合じゃなくなります。

結婚を意識した恋愛をしなければならなくなっている!ということです。


そう、「恋愛至上主義」のバブル世代は、
「結婚と恋愛は別」という名言がありますが、
今は、「結婚する人と恋愛する」時代になった訳です。


結婚する人と恋愛する時代へ


婚活するということは、
ある程度の自分の希望を反映した中でお相手と出会っていきます。

特に、結婚相談所での出会いだと、
お相手も結婚を意識して出会っていますので、
結婚前提の中での、出会いということである意味、「安全地帯での出会い!」といえるかもしれませんね。

安全地帯とは、恋の駆け引きのない恋愛ですが、それが安心して出会える世代の恋愛なのでしょう。

でも、ここで恋愛初心者が陥りやすのでが
「失恋を避けたい」傾向が大きく、用心深くてなかなか気持ちが動かないこってところでしょうか。

お見合い結婚なら、失恋しないと勝手な方程式が生まれているようですが、実際には、そんことはありません。
「好きになって結婚する」お見合い結婚が主流ですから、うまくいかないときには、失恋を味わうのです。






お見合いした人と恋愛する人が陥りやすい落とし穴


失恋の大きな効能は、人間力を大きくしてくれること。
どうしようもない、やるせない気持ちを自分で受け止め、それを消化しつつ活動を続けるところに、人間として深みや大きさが増してくるのは、数多くの失恋者をサポートしてきた実績からわかります。

大事なことは、失恋をした傷ついた気持ちをどのように自分で受け止め、次につなげていくか、そこが大事なところです。

しかし残念なことに、
結婚しようと思い婚活したにもかかわらず、失恋をしてしまって婚活をやめてしまう方がいるようです。

仲人・婚活カウンセラーからの提言としては、ぜひ、お見合いで恋愛することを恐れないでほしい!
失恋することこそ、次の出会いで一歩結婚に近づいたということ。

恋愛することは、相手の気持ちが知りたいと思い、
どうしたらお相手に喜んでもらえるかを考え、
自分にできることは何かを見つけ、そして何より、実は「幸せ」というものの気持ちを体感しているのです。

失恋から得る効能は結構多いことを知ってほしいと思います。

失恋で培われる人間力


人は育った環境が違います。経験値も違います。要するにその環境や経験から構築される価値観は、全員違うということです。よく「価値観が同じ(似た)人がいいです」と言われている会員の方の声を聞きますが、それは非常に難しいことが、これでお変わりだと思います。そもそも、全く違う人間同士が出会うことから、お見合い婚活はスタートしているのです。お互い一緒に過ごす時間の中で価値観のすり合わせを行い、それを受け入れて、そして初めて“価値観が違っていてもすりあわせがききる人”となります。

つまり、最初からそんな人を望むのは「無いものねだり」ということです。
もともといないと思ってもらってよいのだろうと思います。

そんな中での失恋は、その価値観のすりあわせがうまくいかなかったことが多いのです。
大好きだった人との別れは絶対に辛いもの。だからこそ一緒に過ごした時間を振り返り、しっかり自分の弱点を見つけ出し、そしてそれを向き合い、受け入れてほしいです。
これが、失恋から立ち直り、次に向かうエネルギーとなります。

大切な人と過ごした時間を無駄にせず、次につながる今後の糧にして欲しいです。その失恋が残したものは今後のあなたの人生に必要となってくる人間としての魅力、つまり人間力になるものです。その失恋は決して無駄ではありません。

失恋からくる悲しみや怒りのエネルギーは、本当に人を大きく成長させてくれます。失恋は時間が癒してくれるものですが、その時間の過ごし方ひとつで、もっと素晴らしい出会いがやってきます。そして次の恋愛・婚活を始めた時、そう、恋愛のスイッチが入った時に、その失恋で学んだことで大きくなったあなたの人間力がもたらしてくれた前の失恋にきっと感謝する時がくるはずです。




恋愛で自分磨きをする婚活恋愛



「自分磨き」ということがよく言われていますが、恋愛ほど自分磨きに適したものはないです。

私の結婚相談所で、結婚をした会員の方が以前言われていました。
「恋愛を知らずに結婚するなんて、絶対もったいない。
あの、ときめきやドキドキができるのは、婚活世代だけですから!」


実は、恋愛は色々な感情を生み出します。自分でも知らなかった一面を発見するのが恋愛です。
自分がこんなに、嫉妬深い人間だったのか
とか、
こんなに相手の気持ちが知りたいって思う人間だったんだ

などなど。

そう、この恋愛感情が、人間が成長させるのに、必要なことなのです。 恋愛を休憩していると、人間力を高める時間も休憩しているともいえます。

私たちは、成人の20歳を過ぎたら見た目は日々老化するものですが、この人間力だけは年齢重ねるごとに成長させることができます。恋愛中に相手を通して感じられる“幸せだなぁ”と言う気持ちや、また真逆の感情。色んな気持ちを通して自分自身の本当にいい所、悪い所に気付く作業ができるのも恋愛の醍醐味なのです。

そして、いつも同じことで別れがある人は、その前の失恋の時に学べていないのかもしれません。学びがないから同じ失敗をするのです。私の相談所で日々頑張っている会員さんも同じことで交際中止になることがあります。その度に自分のたな卸しをしてもらっています。

「どんまいどんまい、次に!!」なんて無責任なことは絶対に言えませんからね。結婚相談所の世界で言う交際中止とは失恋と同じです。会員さんもしっかりお見合いで恋愛をスタートしているので、この結果を迎えたときは涙、鼻水にまみれたカウンセリングになります。それでも私は会員さんへのダメ出しとお相手との価値観の相違点などをしっかりお伝えすることを止めません。

人間力を上げるチャンスを無駄にはできません!


そう、失恋で大事なことは「自分のたな卸し」
そして婚活で大切なものは「人間力」






婚活で失恋の特効薬は・・・


恋愛での失敗は、次に出会う最高の相手を逃さないための学びの場です
なぜ、失敗したかではなく、今度こそ、うまくいくように自分を見つめ直す

失恋から人間力をあげる、これの繰り返しの中でこそ、
あなたにぴったりの人と出会うことができるのです。


この記事を書いたプロ

自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター)

Share

関連するコラム

自念真千子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-862-1907

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

自念真千子

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

担当自念真千子(じねんまちこ)

地図・アクセス

自念真千子のソーシャルメディア

rss
コラム
2021-07-25
instagram
Instagram
twitter
Twitter
2021-07-28
facebook
Facebook