マイベストプロ神戸
杉村肇

動物耳科医療のプロ

杉村肇(すぎむらはじめ) / 獣医師

どうぶつ耳科専門クリニック主の枝

お電話での
お問い合わせ
0799-22-2770

杉村肇プロのご紹介

積み重ねてきた専門的な技術と研究、総合的な診療経験をもとにペットの耳の病気を回復へと導く(1/3)

杉村肇 すぎむらはじめ

死に至る可能性をも秘めた動物の耳の疾患。見逃してはならないペットが発する苦しみのサイン

 淡路島の洲本市、決して交通の便が良いとは言えない立地に予約が先々まで混みがちな動物病院があります。獣医師の杉村肇さんが院長を務める「どうぶつ耳科専門クリニック主の枝」です。医院名が示す通り、動物の耳の病気に特化したクリニックです。

 「統計上、わんちゃんの耳の罹患率は、疾患全体の中でも例年2から3番目に多いんです。そしてそのほとんどは耳の外側、つまり外耳炎から始まって中耳炎、内耳炎へと至ります。脳に近いものですから、この段階で治療をしてあげないと髄膜脳炎、場合によっては突然死もありえます」と杉村さんは警鐘を鳴らします。

 早期の発見と適切な処置が肝要であることは、言うまでもありません。

 「初期症状としては、かゆがったり頭を傾けたり。深刻になると、例えば片目が閉じにくくなったり、唇が垂れてきたりと表情に現れます。さらには顔面神経麻痺や平衡感覚にも異常を来してしまいます。体験された方には分かるはずですが、中耳炎や内耳炎の痛みは大変つらいものです。できるだけ早く、こうしたサインに気付いてあげてください」

 耳科専門であるがゆえに、来院者の多くは難治性といわれる治りにくい疾患を耳に抱えたペットの飼い主。しかも近郊のみならず、北は青森県、南は九州の各県からも訪れます。

 「ペットは正直です。治療をして良い状態にしてあげると、動きも表情も見違えるほど変わります。それを楽しみにしてもらいたいですね。裏を返せば、それだけつらい思いをしてきたということでしょう」

Share

杉村肇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0799-22-2770

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉村肇

どうぶつ耳科専門クリニック主の枝

担当杉村肇(すぎむらはじめ)

地図・アクセス

杉村肇プロのコンテンツ