まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-766-2435

コラム

杉の無垢材を使った…「仏壇置き家具」…を納品しました!

マンション アンティーク家具

2016年7月2日 / 2018年9月23日更新


【総天然木と漆喰でリノベーションしたマンション】

先日お引き渡したお客様から、杉の収納建具に合わせた仏壇置き家具の製作依頼を受け、お引き渡しが完了しました。
杉の収納扉横の空間にお仏壇を収めることになったのですが、市販されているモノでは、サイズ・デザインとも会わないということで注文をいただきました。


【分厚い杉の天板は2枚をはぎ合わせました】

お写真で拝見したお仏壇がなかなかの品物で、普通の板ではしっくりこないということで、材木屋さんで大工さんと一緒に杉の赤身を探し出しました。
扉に使用した杉の羽目板も節のない上物を選びましたが、工業製品と違うのは、無垢材は自ら雰囲気に合う板を探し出すのに時間がかかります。ぱっと見つかるときもありますが、ないときはなかなかです。


【右側が5年前に施工したクローゼットの杉扉です】

どうですか? なかなかしっくり来てると思いませんか?
無垢材というのは「包容力のある」商品で、少々の違いは問題にしません。
工業製品だと古さゆえの色違いなどが目立って気になりますが、日本の木は世代をも超える優しさがあります。
ご先祖様をお祭りする仏壇を置くには最適の素材ですね。


【出し入れできる引き出しも無垢板でつくりました】


【内部には高級素材のシナベニヤを使っています】

一般的に家具の裏面を見るとコストダウンのために薄いベニヤが使われているのが大半です。
見えないところなら良いということなのでしょうが、物によりけりです。
もう少しご予算があれば、それなりに高級にする方法もありましたが、そこはお客様のご予算の範囲内で収めるのも仕事ですね。

無垢材でつくった家具は劣化することがない経年美化商品です。それだけに真剣に心を込めてお作りしなければいけないと思っています。

天然木の癒しの効果についてお知りになりたい方はこちら→http://forestreform.co.jp/healing/

天然木のマンションを健康後押し・あったかリフォームに関心のある方はこちら→http://forestreform.co.jp/

そんなマンションモデルルームを実際に体感したい方はこちら→http://modelroom.forestreform.co.jp/

この記事を書いたプロ

髙岡恭平

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ

Share

髙岡恭平のソーシャルメディア

google-plus
Google+
facebook
Facebook

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ