まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
川島英雄

交通事故・医療事故の被害者を守る法律のプロ

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

コラム

医療事件 ~「合併症」はやむをえないものなのか?~

医療事故

2014年2月26日 / 2017年5月2日更新

病院でサインする「同意書」

 最近はどこの病院でも、手術を受ける際に「同意書」への署名を求められると思います。
 この同意書は「きちんと説明を受け、手術を受けることに同意しました」という内容となっています。ですから、事前にきちんとした説明が行われていることが前提です。
 ですが、実際のところ、患者さんが理解できるようにやさしく説明してくれる病院ばかりではないのが現実だろうと思います。

 ところで、実際の口頭での説明内容と同じかどうかはともかく、ほとんどの同意書には必ず「説明した内容」が記載されています。ここに記載があれば、後に訴訟で争われたとしても「ここに書いてあるとおり説明しました」という証拠として使えるからです。

合併症はやむを得ない?

 この同意書に記載されている説明内容としてよく書かれているのは「想定される合併症」というものです。

 合併症とは、その疾患やその手術などによって典型的に生じる可能性のある症状などをいいます。
 医学界では「避けられずに一定確率で生じてしまうもの」を合併症と呼んでいるようです。
 こう聞くと「合併症になってしまうのは仕方のないことなのか」と思いがちです。

合併症の中にもミスがある

 ですが、実は、合併症は「起こってしまってもやむを得ないもの」とは限りません。

 合併症の統計は、その疾患やその手術などで実際に生じた症例を、原因を問わず集めたものから成り立っています。
 もしかすると明らかなミスは除外されるのかもしれませんが、ミスかどうか微妙な場合は通常積極的にミスであるとは申告しないものです。
 ですから、ミスかもしれない症例が含まれることになります。

 また、その統計結果は、似た結果を同じ表現で記載するようになりますので、その表現は必然的に抽象化されてしまいます。
 例えば、「脳動脈瘤の手術の合併症」には「脳梗塞」が典型例として挙げられると思います。
 しかし、「脳梗塞」の原因は、「動脈瘤が特殊でどんな手術操作をしても破裂したはず」というやむを得ない場合もあれば、「誤って間違った血管を塞いでしまったため脳梗塞になった」という場合もあるはずです。
 ですが、これらはいずれも「脳動脈瘤の手術の結果、脳梗塞になった」という意味では違いがありません。
 ですから、積極的にミスを認めて統計から除外しなければ、違いがなくなってしまうのです。

 ですから、合併症には、お医者さんがどんなに気をつけていても避けられなかったやむをえないものだけでなく、「お医者さんのミスで生じたもの」が含まれている可能性があるのです。

 インターネットを検索してみても、合併症の説明としては「避けられずに一定確率で生じてしまうもの」という紹介の方が多いようです。
 ですから、一般の方ばかりでなくおそらく医療事故に慣れていない弁護士も、合併症という言葉を聞いてしまうと「やむを得ない病気だったのかもしれない」と考えてしまう可能性があります。
 ですが、上記のとおり、実は合併症にはお医者さんのミスが含まれているかもしれません。
 ですから、やはり事案ごとに状況をよく精査して検討しなければならないのです。

*************************************
札幌おおぞら法律事務所のHPはこちらです。
紛争予防のため、ぜひ早めにご相談ください。
http://www.ozoralaw.com/
困ったときのお役立ち情報も掲載しています。
http://www.ozoralaw.com/trouble/
*************************************

この記事を書いたプロ

川島英雄

川島英雄(かわしまひでお)

川島英雄プロのその他のコンテンツ

Share

川島英雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄

札幌おおぞら法律事務所

担当川島英雄(かわしまひでお)

地図・アクセス

川島英雄プロのその他のコンテンツ