マイベストプロ広島
斎原晶子

一人ひとりの魅力を引き出すヘアメークのプロ

斎原晶子(さいはらあきこ) / メイクアップアーティスト

有限会社 スタジオクルール

コラム

ヘアメイクは“自分らしさ”と“心地良さ”が大切

2019年11月2日

テーマ:プロに学ぶ美の基本♪

コラムカテゴリ:美容・健康



  ツヤ肌ブームは花嫁さんに限らず周りを見渡せばみんなテカテカ。
下地にオイルをつけてツヤ肌を作ったり、ツヤを出すためパウダーを控えたりと
やり方は様々ですが、どのやり方も結果的には皮脂や汗で崩れやすくなっているような・・・。

みんなが抱えるベースメイクの悩みは・・・




・ファンデーションやコンシーラーでシミを隠そうとして厚付きになる。
・朝のメイクがお昼には崩れて、夕方にはヨレヨレで残っていない。
・ファンデーションを付けるとシワやほうれい線が目立ってしまう。
・首の色と顔の色が違うと言われる。
・ツヤ肌に仕上げるためツヤ用下地やファンデーション、パウダーを重ねつけ
するから厚付きで顔が重い、崩れる・・・などなど。

せっかくのベースメイクもこれでは気持ちが沈み、
「まぁ日焼け止めだけでいいか~」という気になりますよね。
ネット動画や雑誌のメイク特集で紹介されているおススメアイテムを使用して、
同じように付けているのに上手く出来ないと諦める前に、
是非、クルールのメイクレッスンでベースメイクのやり方をもう一度トライしてみませんか。

 私たちが考えるベースメイクの大切さは「心地よさ」♪

 
朝のメイクで肌にのせたファンデーションが一日中不快なく過ごせれば、
心も肌も心地よく表情まで豊かに過ごせるはずです。
我慢をして、不快な気持ちで過ごす一日はとても残念!



ベースメイクが崩れるまたはキレイに仕上がらない原因は、

1.下地もファンデも顔全体に指で伸ばしている。(伸ばしきれずにムラ付きしている)
2.肌質とファンデーションの種類が合っていない。(何を使ったらいいか分からない)
3.下地やコンシーラー、コントロールカラーなど使用方法や量が間違っている。
4.ツヤを出すためにパウダーは使用しない。(乾燥するのでパウダーNGなど)




「自分で自分のメイクが上手にできるようになる」
をテーマにスタートしたクルールのパーソナルメイクレッスンは、
「あなたの美しさ」を引き出すメイク方法です。
「心地よさ」や「気持ち良さ」はメイクをするうえでとても大切な要素。

流行を取り入れることも大切ですが、
「自分にあった使い方、表現の仕方」が分かっていれば「心地よさ」の中で楽しめるはず。

「いくつになっても自分らしいヘアメイクが楽しめる」
をテーマにしたレッスン。是非、お試しください。




お申込みは
スタジオクルールヘアメイクレッスン
お問い合わせ 082-545-5071 Email couleur@r2.dion.ne.jp

この記事を書いたプロ

斎原晶子

一人ひとりの魅力を引き出すヘアメークのプロ

斎原晶子(有限会社 スタジオクルール)

Share
関連するコラム

斎原晶子プロのコンテンツ