マイベストプロ岐阜
齋藤健太郎

地元・可児に密着し、分かりやすさを重視する保険のプロ

齋藤健太郎(さいとうけんたろう) / 保険コンサルタント

株式会社保険パートナー

コラム

乾燥注意報

2019年1月21日

テーマ:情報発信

コラムカテゴリ:お金・保険

おはようございます。
寒い日が続いて相変わらずインフルエンザも流行していますね。
今年は、例年以上に空気も乾燥しているそうでより注意が必要ですね。
乾燥していると何がそんなに困るのか、実はあまり考えたことありませんでした。




本当は怖い空気の乾燥・・・・

空気が乾燥すると口や鼻などの粘膜が乾燥し、本来持っている防御機能が低下してしまう為、風邪やインフルエンザに感染しやすくなります。

それだけではなく、髪や肌にも影響があります。

髪の水分量は約11~13%と言われています。乾燥するとパサついて広がりやすくなります。肌も同じく、水分量が10%以下になると肌荒れや、かゆみの原因にもなるそうです。
肌が弱い人は注意が必要ですね。

そして、一見もちもち肌に見える子供の肌は実は大人より乾燥しやすいので、保湿を気を付けてあげてください。

乾燥は人間だけではなく農作物や、絵画、美術品などにも悪影響を与えてしまう場合があるようですよ。

あと、命の危険もある火災も空気が乾燥していると家の木材などのモノも乾燥しているので火の回りもとても早いです。

マナー違反なので言語道断ですが、何気なく捨てたタバコのタバコのポイ捨てから火が広がってしまう事もあるようです。絶対にやめましょう。


そして、乾燥は怖いけどたくさん加湿したらいいのかと言ったらそうでもありません。
湿度の快適目安は40%から60%です。これ以上湿度があると今度はカビの心配がありますね。これも困ったものです。

乾燥対策で、加湿器を使ったり、洗濯ものの部屋干しや、コップ一杯のお水を寝る時に枕元に置いておくと加湿できるようです。あとは、観葉植物もいいそうですよ。
花瓶にお花を活けておくのもいいですね。



適度に加湿して、風邪やインフルを予防しましょう。

この記事を書いたプロ

齋藤健太郎

地元・可児に密着し、分かりやすさを重視する保険のプロ

齋藤健太郎(株式会社保険パートナー)

Share
関連するコラム

齋藤健太郎プロのコンテンツ