マイベストプロ岐阜

コラム

利己心と利他心

2023年12月6日

テーマ:生き方

コラムカテゴリ:くらし

 私は、下校時の見守りを行っていますが、インフルエンザ感染後、やっていませんでした。
 本日から再開する予定でしたが、畑仕事をしている最中に耕運機の部品がなくなってしまいました。
 迎えの時刻になっても見当たりません。
 結局、本日の見守りができませんでした。

 見守りの時刻を気にせずに、部品を探し続けていたかといえば、そうではありません。
 「子ども見守りに行くべきか」それとも「部品を探し続けるべきか」
のどちらを選べばよいか、葛藤してる自分がいました。
部品を探したい自分は、
 ・暗くなる前に探したいと思ったこと
 ・耕運機が使えなくなると今後の畑仕事に支障を来たすこと
 ・見守りを始めると、その後預かり事業があり、探す時間がなくなること
 ・再開が1日遅れても、大きな影響がないこと
 ・見守りはボランティアであり、義務ではないこと
と、「部品を探す」を選択するための言い訳が、次から次へと湧き上がってきました。

 部品をなくし、高ぶった感情を抑える事ができず、感情に思考が踊らされ、身体もそれに従っている感じです。

これに対抗するかのように
子ども見守りをしたがっている自分は、
・長い間休んだので、子どもたちに会いたいこと
・代わりにやっていただける方がいないこと
・先生方からの信頼を裏切る事はできないこと

 利己心と利他心がせめぎ合いをしています。

 今回は、「利己心」を選択しました。

 これまで、利己心を優先させる事に罪悪感を感じることがありましたが、少し角が取れた感じがします。

 柔軟に対応する事が無理のない、生き方につながるように感じました。

 日々の自分見つめが、役に立っているようです。


 
 


 普通の状態ならば、起きるはずのない出来事が起きました。

神様に試されている事に気づきました。

 子どもの見守りは、子どものためでもありますが、どこかで、誰かに見られている事を意識しているように思いました。
 地域の人から承認されてがっている自分がありました。

 子どもの下校時の安全を守ることであれば、耕運機の部品よりも優先すべき取り組みと考え、動く事ができますが、それほど強い意思がないことがわかりました。

 ・私がいなくても、十分安全な通学路であること
 ・高学年の子どもたちと一緒だから、低学年の子どもたちは守られていること
 ・ただ、10分程度のウォーキングの時間がなくなること

 子どもの見守りについて考えるよい機会になりました。

この記事を書いたプロ

須田敏男

長年にわたる小学校の教頭の経験を活かした家庭支援のプロ

須田敏男(あすなろ教室)

Share

関連するコラム

須田敏男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-337-0453

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

須田敏男

あすなろ教室

担当須田敏男(すだとしお)

地図・アクセス

須田敏男プロのコンテンツ

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ岐阜
  3. 岐阜のメンタル・カウンセリング
  4. 岐阜の家族カウンセリング
  5. 須田敏男
  6. コラム一覧
  7. 利己心と利他心

© My Best Pro